Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
台風前後の比較









もうね
細かいことに拘るのはやめますた。

時系列でエントリして行きたかったけど
それが原因で
結局更新が滞っているだけなので
テキトウに
思いつきで
本来のスタイルでいこうかと。



画像がいきなり4つ並んでますが
夏の話
すげー前だけど
9月とかの
やばい台風の後です。

そう
我々が板橋でお気楽に焼肉とか
食べていたあの頃。

2組画像並んでて
それぞれ利根川の
台風一過と
1週間後の様子です。

全く別物ですね。



つーことで
風邪引いたかも知れないけど
気が付かないふりです。
スポンサーサイト
TOP
あいのわ - ハナレグミ
あいのわあいのわ

曲名リスト
1. あいのわ
2. 愛にメロディ
3. 光と影
4. Peace Tree feat.BOSE(fromスチャダラパー)、AFRA
5. PEOPLE GET READY
6. 大安
7. …がしかしの女 feat.マダムギター
8. あいまいにあまい愛のまにまに
9. あいのこども

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最近出会いましたハナレグミ

もちろん存在は前から知っていたし
CMなんかで聴いたこともあったけど
ちゃんと聴いたのはほんとつい最近のこと。

いやー
いいですねー
まぁ『光と影』ばっかり聴いてるんですけどね。
ただあれですね
歌詞を含めてじっくり聴きたいような曲は
筋トレ中のBGMには全くむかないですね!!



----------
いつだってその輝きに
真っすぐに 熱くなれたら
なんにだってなれるぜ どこへだって行けるんだぜ

だれでもない どこにもないぜ
僕だけの光と影
闇の向うの光を見に行こう
光と影
----------

TOP
BEAT EMOTION - BOOWY
BEAT EMOTION
EMIミュージック・ジャパン
BOΦWY(アーティスト)
発売日:2005-02-16
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:3457
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 これで、頂点に
おすすめ度4 ジャケットはcheap trickへのオマージュか?
おすすめ度5 なつかしいけど、、かっこいいんだよね
おすすめ度5 愛してました。
おすすめ度5 布袋さんが言うBOOWYの最高傑作
Disc.1
1 B・BLUE
2 ONLY YOU
3 RUNAWAY TRAIN
4 BEAT SWEET
5 NOISE LIMITTER
6 DON’T ASK ME
7 B・E・L・I・E・V・E
8 SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS
9 DOWN TOWN SHUFFLE
10 WORKING MAN
11 RAIN IN MY HEART
12 DRAMATIC?DRASTIC!
13 OUR REVOLUTION
14 SENSITIVE LOVE



さて
ボウイです暴威ですBOOWYですよ。
BOOWYってなんでこんなにステキなんでしょうかね!!
今の若者が聴いてもウケそうな気がするんですが気のせいでしょうか。

そもそもまだまだチビッコだったころに兄がCD持ってて
ちょいと拝借して聴いて以来
未だにかなりのヘビーローテで聴いているのです。
余り古臭さみたいなのを感じないのはしょっちゅう聴いているからでしょうか??
毎日顔合わせてると変化に気がつかない的な。

それについてちょっと考えてみたんだけど

 時事ネタがほとんどないから

ってのがあると思った。
時事ネタつーかなんだろうね
巧く言えないんだけど物質的なものを余り書いていないっていうか
目に見えるものをそのまま書いてないって言うかね
風景を書くなら街並みではなく季節的なものとか…
あぁそうか固有名詞だ。
そういうのがあんまり出てこないんだ。
例えば『ポケベル』なんてのを歌詞の中で使ってたら
今だったらやっぱり古臭いよね。
良いとか悪いとかってことぢゃなくて。

もちろん言い回しとかには時代を感じさせるって言うか古いなぁとか思ったりすることもあるけれど
全体的にノスタルジーな感じはしないんだよね。
これはこれで凄いなーとか思ったりもした。

いやしかしね
もっと行動範囲が広がってからBOOWYに出会いたかったね
例えば今がBOOWY全盛だったら絶対ライブ行きますよ
当時小学生だったわけで…


まぁそんな感じで
自分と同世代かあるいはちょっと上の人とかだと
BOOWYの話で盛り上がったりカラオケとかでもアレだったりするんですが
ボクとしては是非とも今の若い世代に聴いていただきたい!!
そして気に入ったなら是非ともBOOWYな話題で盛り上がりたい。

そう思うのです。



BOOWYについては

 ■80年代後半~90年代前半を回顧するブログ

コチラのサイトが非常に詳しいので
深層まで興味がある方は上記サイト様で記事を検索してみてください。
かなり面白いです。
管理人さんはかなりのBOOWY好きです。
もうなんつーかファンとかってレベルぢゃない感じです。

つーことで。
TOP
BIG WAVE - 渡辺美里
BIG WAVE
ERJ
渡辺美里(アーティスト)
発売日:1993-07-21
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:184498
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 就職活動していたあの頃
おすすめ度5 93年の思い出が蘇るアルバム
おすすめ度5 美里ファンではないけれど。
おすすめ度4 大人のロックを余裕できかせてくれる一枚。
おすすめ度3 おすすめ曲
Disc.1
1 ブランニューヘヴン
2 オーヴァチュアー
3 ジャングル・チャイルド
4 ビッグ・ウェイヴやってきた
5 ヌード
6 アイ・ウィル・ビー・オールライト
7 いつかきっと
8 若きモンスターの逆襲
9 みんないた夏
10 さえない20代
11 はじめて
12 素直に泣ける日笑える日(リミックス)
13 オードリー



渡辺美里さんですね。
何気に中学時代から好きでした。
あーいやいや渡辺さんが中学生の時代からって言う意味ではなくボクがって意味ですもちろん

んで
このアルバムは実はあんまり好きな曲が入ってないんですが
よく聴いてるんですよ。
それは何故か…


 3. ジャングル・チャイルド


こちら
このアルバム聴くまで全然知らなかった曲なんですが
つーか最近になって知ったんですが

 作曲: 岡村靖幸


うはwwww
いやー
聴いてたらですね
渡辺さんの声の裏で

 ウォッウェアォッウォッウェアォッ!!

みたいな感じのコーラスつーかなんつーか雄叫びつーか咆哮??
が随所に聞こえるわけです。
すげーキモイ感じで。
もうコレは高級耳栓のスキルが発動しても容易く突破してくる
つーか脳に直に呼びかけてくる感じです。

んー
もう一発でソレと気付きましたわ。
どう考えても岡村さんです。

それまで聞き流している感じで聴いていたこの曲ですが
岡村さん大好きなので以降はじっくり聴いているのです。
踏まえると,曲調もどう考えても岡村さん的でした。
作詞は渡辺さん本人ってことになってますが
詞の随所にも岡村さん臭がプンプンするのは気のせいでしょうかww
因みに歌詞はコチラ!!

ボクはこの曲を聴くと岡村さんの『ターザンボーイ』を連想してしまいますな。
両方続けて聴けばプレインショックΩ(消費PP:6)並の効果があること間違いなし。


因みに
プレインショックΩの効果は

 敵全体をへんにする

です。


遠くで 太鼓がダダンダン
ナチュラルビートでダダンダン
ダチョウのダンスは ダダンダンス
ダダンダンダン ダン! ダン! ダン!
TOP
ハートビート - GOING UNDER GROUND
ハートビート        (CCCD)
ビクターエンタテインメント
松本素生(その他)河野丈洋(その他)中澤寛規(その他)GOING UNDER GROUND(アーティスト)
発売日:2003-10-22
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:56952
おすすめ度:3.5
おすすめ度3 良くも悪くも
おすすめ度4 良いんだけど……
おすすめ度4 好きです、こういう曲
おすすめ度4 映画「銀のエンゼル」に使われてます
おすすめ度3 次作が正念場
Disc.1
1 トワイライト
2 リバーズエッジ
3 ハートビート
4 かいき
5 さえないブルー
6 月曜日雨のメロディー
7 虹ヶ丘
8 ビターズ
9 ダイアリー
10 銀河行き
11 波
Amazon.co.jp



これな
GOING UNDER GROUNDですな。
やっぱ

 1. トワイライト

これなんだな。
この曲ね
テレビ番組の主題歌として使われていたのだ。
『あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑』っていうつまりニートとフリーター向け番組で。
たまたま観てたらこの曲が流れて
これはっ!!
とか思ったのだ。
当時は番組も知らなかったしゴーイングも名前くらいは聞いたことがある…かも
程度。

んで
調べて辿り着いたわけだ。
なので
トワイライトこそがゴーイングとの出会いの曲なのであるな。

んで
何枚か彼らのアルバムを集めたわけだけれども
何気にしっかりじっくり聴いた事がなかったんだな。
今回
まぁたまたまなんだけどこのアルバムをちゃんと聴いてみたんだよ。
そしたら
割とツブぞろいでな。
どれも良い曲ぢゃん。
特に良かったのが

 7. 虹ヶ丘

これ
全然曲名すら聴いた事なかった曲なんだけど
すげーイイ感じです。
チャリ乗ってる時に聴いたので爽快感うp
な感じ。
ゴーイングは歌詞メインのグループだと勝手に思ってるんだけど
ボクは曲もかなり好きです。

まぁ
金太郎飴とかってよく言われてるけどねww
つまり
同じような曲ばっかとか単調とかってことだろうな。
それは同意。

でも
それでもイイです。
オススメしておきます。
TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。