FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ネットdeモニター
さて我が家の東芝『RD-H1』
PC側で、Windowsの再インストールを行って以来、セッティングしてなかったんですが、この度今更ながら『ネットdeモニター』を設定しようと思い立つ。

んでもって昨夜色々弄くっていたわけなんですけれどもね。
とりあえず設定を終えて試してみる。

起動しない。

よし
順調順調。
スポンサーサイト



TOP
リーグ・オブ・レジェンド
リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い アルティメット・エディション
原題:The League of Extraordinary Gentlemen S.E
監督:スティーブン・ノルトン
製作:ドン・マーフィ
脚本:ジェームズ・デイル・ロビンソン
出演:ショーン・コネリー,スチュアート・タウンゼント,ナサーラディン・シャー,ペータ・ウィルソン
収録時間:111分
発売元:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
-----
トム・ソーヤーやネモ船長などの19世紀の古典文学を代表するヒーローが集結し、巨大な悪に立ち向かうアクションアドベンチャー大作。ヨーロッパ国家間テロの黒幕“ファントム”を倒すべく、冒険家、アラン・クォーターメインは超人同盟を結成する。
-----

以前から観たい観たいと思いながらも手元に置いたまま観れずにいたが、漸く鑑賞した作品はコチラ!!
『リーグ・オブ・レジェンド』

いやーこれ観たかったんですよ。物凄く楽しみにしてました。
んで
率直に面白かったです。
世間の評価はかなり厳しいようですがw
まぁ確かにあちこちのレビューで言われているようなことも納得できるんですが、アクションものの娯楽作品としては非常に満足できました。

まずは様々なヒーロー(つーか怪人)達が勢ぞろい。ワオ!!
オールスターぢゃん!!
っていう設定がもうウハウハなわけです。
基本的にオールスターとか、○○と××が手を組んだ!!
とかっていう設定には目がないわけです。

それからショーン・コネリーさん。
『この映画に必要だったのか??』とか言われたりしてます。
まぁ解らなくもないですね。
主人公なのに目立たなすぎかと。
でもやっぱり彼が役どころは別として、いるのといないのとでは全然違ってくるであろうと思います。
ストーリーの設定上かなり無理があったりして、ドタバタした感じになってしまいそう(まぁなってなくもないが)なんですが、彼の存在感が作品全体を引き締めている感じです。

それにしてもショーン・コネリーさん。当時73歳だそうですが、アクションシーンが結構多いです。
とても73歳には思えません。
立ち居振舞いが全然年寄り臭くないんですね。もしかしてCG?? とか思ってしまいます。
つーか影武者でしょうか。もしかして中身クリカン??

他の見所としてはVFXを駆使した派手で爽快なアクションシーンはもちろんのこと。
登場する建築物や、乗り物などに注目です。
僕が『カッケー』と思わず声をあげてしまいそうになったほどだったのは、ネモ船長の『ノーチラス号』。
めちゃめちゃかっこいいです。
時代の技術とはマッチしない超未来兵器。その意味ではまるで『スプリガン』に出てくるロシナンテを思わせます。見た目は全然違いますがw
そうそう、僕は『スプリガン』が好きだからこの作品も好きなんだなぁとか思いました。
両者にはどことなく同じ臭いを感じるのです。

残念なところは、あれだけ個性的でパワフリャな超人達を集めておきながら、各キャラクターの個性をいまいち活かしきれていないかなってところですか。
もちろん各々自分の能力を発揮して活躍するわけですが、もっともっとキャラクターを際立たせてほしかったかな。
敵が持っている超兵器が精々マシンガン程度っていうのが問題なのかも。
もっともっとあり得ないオーバーテクノロジーでもって圧倒してくれば、超人達がもっと活きたのでは。

で、後思ったのは、これって主人公がイギリス人(だと思ってる)で、英国政府が主体の物語なので、イギリス映画かな。とか思ってたんですけどアメリカ映画なのね。
ラストでショーン・コネリーを差し置いて(つーかそこで死んじゃう)アメリカからやってきたトム・ソーヤーがラスボスと仕留める訳です。
あーなるほどね。結局アメリカ人がケリをつけるわけですかそうですか。と妙に納得。

とまぁこんな感じですか。
割と名前が売れてるのに片面一層でメニューも至ってシンプル(つーかシンプルすぎなのはレンタルだから??)だったので、ちょっぴり嫌な予感がしていたのですが、めっちゃめちゃ面白かった。
大満足。
解る人にしか解らない要素が実は結構あって、解る人はニヤリとできるし解らない人でも後で調べて『へーそうなんだぁ』と思えるところも自分的にはかなり良い。

以前にLeoが絶賛していたと思うんだけど、彼が面白いって言ってたのも納得。
如何にも彼が好きそうな内容です。もちろん僕もですがが。

あーそうそう。透明人間が雪山で雪降ってる中で全裸で歩いてるわけですが。普通凍死するよね。少なくとも足が凍傷に。
透けて見える(透視)だけに凍死。なんつったりしてな。
結局なんだかんだ言っても1番面白いのは駄洒落ですね!!
ぶたないでください。お願いだからぶたないでください。

リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い アルティメット・エディション
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2004/03/05)
売り上げランキング: 1,793
おすすめ度の平均: 3.62
3 ショーンコネリー!!
4 ノーチラス号が美しい!ので。
5 やっぱりショーンコネリーは



TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア