FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ラビナス
ラビナス
原題:Ravenous
監督:アントニア・バード
製作:アダム・フィールズ , デイビッド・ヘイマン
脚本:テッド・グリフィン 
出演:ガイ・ピアース , ロバート・カーライル , デイビッド・アークエット , ジェレミー・デイヴィス
収録時間:101分
発売元:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
-----
アントニア・バード監督による、雪山で遭難した移民が仲間の肉を食べて生き残ったという、実際に起こったドナー・パス事件に材を得て描く問題作。1847年、メキシコ・アメリカ戦争で死体の山から生還したボイド大尉が、雪の砦へ赴任して来る…。
-----

疲れていても映画は観るのだ。
つーことでまたもや予備知識なしに観た作品はコチラ!!
『ラビナス』


ハイ
食人モノですた。

それほどグロくはなかったんですが、なんでも実話を元に作られた映画だそうです。
極限下であればそりゃあ人の肉だって食べる可能性は十分にあるだろうと思うんですが。癖になってしまった。食人にはまってしまった。
ってのが怖いですね。

人肉食べることに悦びを感じてしまい、そのために殺人を繰り返す…
うーん、ストーリー的にはグロいなぁ。

映画としては
ちょっとしたサスペンス要素もあったりしてなかなか良く出来た、面白い作品ではありました。

犯人とのおっかけっこのシーンで、状況は切迫してるのに明るい音楽が流れるシーンが面白かったです。
斬新なアイディアだなぁって思いました。

内容的に、あんまり人には勧めにくい作品ではありますが、割と良かったですよ。


ラビナス
ラビナス
posted with amazlet on 05.11.12
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2002/06/28)
売り上げランキング: 36,516
おすすめ度の平均: 4.33
4 グロイところもありますが
5 怖い場面と明るい音楽、恐怖に慄くガイピの麗しさが最高の映画!
4 監督が凄い女性だった。


スポンサーサイト



TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア