FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

デビルマン
デビルマン
監督:那須博之
製作:泊懋
脚本:那須真知子
原作:永井豪
出演:伊崎央登 , 伊崎右典 , 酒井彩名 , 渋谷飛鳥 , 冨永愛 , ボブ・サップ
収録時間:115分
発売元:東映ビデオ
音声仕様:日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーサラウンド
特典:初日舞台挨拶、データファイル、劇場予告
-----
永井豪原作による傑作コミック「デビルマン」を最新のCG技術を織り交ぜて実写化。デーモンに体を侵食されるものの、人間の心を失わなかった高校生・不動明が“デビルマン”となり、人類を守るためにデーモン軍団に立ち向かう。PG-12作品。
-----


観る前ドキドキしたんだよ。原作ろくに読んだ事ないしなんとなく凄そうって勝手に思ってたんだ。評判とかも全然知らなかったからね。
鑑賞後、きょたかさん(27)は笑顔でそう言った。だが表情は強張っていた。
『デビルマン』


話の筋としては面白いと思う。
真面目にしっかりじっくり作っていれば名作と呼ばれていたであろう。
開始直後、『ひょっとしたらいけるかも…??』って感じたよ実際。
でも結局凄い手抜きだったね。最後の方なんて『早く終わらないかなぁ』ってずっと思ってたね。
そりゃあ予算とか制作期間とか諸々の大人の事情があるんだろうけどさ。でもそんなの視聴者がいちいち気にすることぢゃねぇだろ??

んで、気になった点。作品には全く関係ないような個人的な趣味嗜好が多分に含まれます。

 ・主人公2人の演技がどうにもならない。初めて見た人だけど素人さん??
 ・よくある事だが脇役の不良学生とかの方が余程演技達者。
 ・ヒロインの女の娘のガリガリっぷりが気持ち悪い。
 ・主人公の服が破れたらこれもガリガリ。肋骨浮いてるデビルマンはキモイ。
 ・ボブサップ台詞ぐらい覚えてこい。目が泳ぎすぎ。
 ・どしゃ降りの雨のシーンなのにとっても日が照っている。
 ・残酷なシーンがただ残酷なだけで終わってる。
 ・特殊部隊が幼稚すぎる。
 ・そもそも台詞がダサすぎる。
 ・砲撃が完全に花火。ビルにあたってポーンてな具合にバウンド。
 ・キャラの背景とかがさっぱわかんね。
 ・コニちゃんのジャケットがシワシワデコボコなのは火薬が入ってるから??
 ・途中サタンが警官だか警備員だかのコスプレしてるのはなんでだろう…
 ・車がひっくり返ったり血まみれの死体だらけの町内。でも家とか電柱とかはきれいで平和そう。
 
なんだかね。
みんながみんなそろいもそろって手抜きな感じ。
作品を自分で鑑賞してみて恥ずかしくならないのかな??
もし自分が関わっていたら、こんなの絶対親や友人に教えらんないよ。

ボストォク湖から発見された生命体が他の生命体に寄生して大変なことになるっていう設定は面白いと思った。でもなんか何時の間にかその中に固有名詞で呼ばれる固体がいるってのはなんだろうかね。
過去の因縁とかもあるみたいだけどその辺の説明はない。

デーモンが世界中に拡大して国家間の戦争にまで発展して人類滅亡の危機。
あーもうだめぢゃんこの世はおしまいぢゃん。
っていうストーリーは悪くないと思う。個人的にも規模のでかい絶望的状況は好きです。
でもやっぱりショボくて腰砕け。
『うわーこれまぢでやばいよ』とかハラハラドキドキするんだけど、直後にズコーってなる。

リアルがあって、そこにアンリアルがのしかかるのが面白いと思うんだけど、現実部分にリアリティがなさ過ぎるな。
デーモン特務隊だっけ?? よく覚えてないけどなんかそんな感じの特殊部隊。
実際に、デーモン見たいなのが現実社会でも現れたらもしかしたらそんな感じの特殊部隊が組織されるかもしれない。
それはそれでいーんだよ。
でもさぁ… 隊員の皆様が…ねぇ… とても特殊部隊とは思えないなぁ…
つーかそもそもデーモンに銃火器が通用しちゃうのかよ!!
弱すぎですデーモン。
なんか圧倒的に人間側がデーモンを制圧してるのに、疑心暗鬼で国家間の戦争にまで発展するか!?

しかし駄目っぷりの最たるものはやっぱ役者の演技が手におえないところだろうか。
演技にとどまらず、役作りとかしてんのかな?? やる気あんのかな??
主人公の彼はさもうちょっと身体鍛えようよw 作品柄あの貧相な身体ぢゃどうにもならんだろ。
よく人前にあんなの曝せるよな。
台詞ももうちょっと練習しようぜ。なんだよあの棒読み。デビルマンに変身してからの雄叫びとかも棒ってある意味すげーと思う。

主人公がデーモンであることが養父にばれた時に『あーーーーーーーー』って言って空を仰ぐシーン。
このリアクション自体にはね、ちょっと感心したんだよ。
ほほぅ。このリアクションて若者っぽいって思ったの。
自分がデーモンでそれが1番ばれたらまずい人にばれちゃったんだけどそれをあんまり重く見てない感じとか、誤魔化したり否定したりするんぢゃなくて『あっちゃー、やっべばれちったよ。あーくそ』みたいなある種能天気っていうか楽天的みたいな感じが面白いって感じたの。
だけどやっぱ演技が下手だから腰が砕けた。

つーことでね
凄く良い作品になる可能性が十分あったのに、皆で寄って集ってぶち壊しちゃったなっていう感じです。
もったいない。
凄く残念です。
役者があんな演技なのにOKしちゃうなら監督なんて誰でもいーんだなって思った。
色々考えて作品の枠を越えて胸糞悪い気分になりました。

でもおかげさまで、今までなんとなく敬遠していた原作に激しく興味が湧いたので、早速読んでみようと思います。


デビルマン
デビルマン
posted with amazlet on 06.02.16
東映 (2005/04/21)
売り上げランキング: 4,628
おすすめ度の平均: 1.6
2 もったいない!!!!!
2 デビルマンは面白い!(漫画のほう)
1 そろそろ書いてもいいかな・・・


スポンサーサイト



TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア