FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

朝のニュース番組ってこんなもんなのか
今朝
ニュース観てたら、Winnyだとか情報流出だとかって話題やってました。

何処の局かしらんけどケトラーが出てるやつ。


よく知らんけど
コンピュータ関係の専門化ぢゃなさそうな感じのおじさんと
デーブがあーだこーだと言っていた。
そうそう、大久保ぢゃない方のデーブがね

彼らが言うには

 『Winnyが悪いんぢゃなくて管理をしっかりしない事が問題』

ってのが基本だそうだ。
まぁ割とイイ線行ってるとは思う。
でもあれだよ。
なんか茶番つーか、程度の低いやり取りに思えた。

デーブが言ってたのは

皆外からアクセスしたいんですよ。でもその場合は専用のそういう装置があるんだからそれを設置しないと駄目なんですよ。大企業はみんなそういうことやってるんですよ。高いお金かけてやってるんですよ。

だそうです。
なんのこと言ってるのか良く解らないんだけど
それ以前に表現の方法が幼稚に感じられた。
装置って連呼してたけど具体例は出なかった。
素人のおじさんが居酒屋で隣の客が話しているのを聞いてそれをそのまま偉そうに若者に語っているようなそんな印象。

更に

パソコンの中にデータを残しておくからいけないんです。大切なデータは紙に出力して机の引出しの中とか鞄の中に仕舞えばいいんですよ。

ビックリ。
ボクも専門家ではないけれど
流石にコレには驚いた。
鞄の中に仕舞うってのは、社外に持ち出すってことでOK??
自宅に持ち帰るってことでOK??
その時点で既に流出です


もう1人のコメンテーター。
この人はテレビとかで何度か顔を見たことがある人だったんだけど。

もう、こうなったら決定的な対策出しちゃいますね。3点あります。
1.1週間に1度、ウィルス定義を更新する
2.情報が入ったPCと外部に接続するPCは分ける


ごめん。
もう1個は忘れますたw
PCを分けるってのはまぁ対策の1つと言えなくもないだろう。
ウィルス定義を更新ってのもまぁそうだけどなぁ…

だってね
番組でのやり取りでは
デーブ達が『危機管理がなってない』だのって散々にこき下ろしてるんですよ。
Winnyの善悪はとりあえず抜きにして
ウィルス対策アプリがどうのこうのとか
それ以前の問題なんぢゃないかここでの危機管理ってのは。

Winnyで感染、Winnyで流出を連呼してるんだけど
それ以外でも感染する可能性はあるよね。

つーか
問題なのはWinnyぢゃないって言ってるなら
問題なのはウィルスでもないだろ。

PCの中に流出したら困るデータが保存してある
信じられない事にそれを持ち帰る
そう言った情報セキュリティーの考え方が甘いんだろ??

もうほんとデーブはなんだかなぁ…
って感じだ。
Winny使ってないから安心って考えは駄目すぎると思うよ。

兎にも角にも
デーブ・スペクターさんの情報源が知りたいところです。

ある人曰く

 『週刊プレイボーイ』

だそうですww


この分だと
夏休みと言ってテレビ出演しなくなる時期に
アメリカのホワイトハウスに諜報活動の成果を報告しに行っているというこぢまの『デーブ・スペクターはアメリカのスパイ』説は本当なのかも知れん。
スポンサーサイト



TOP
落し物
上野動物園にて




※ 画像と本文は関係ない。マシュマロは関係ない。

昨日の帰り道。
交差点のガードレールに子供の物と思われる帽子がかけてあった。
以前ならなんとも思わなかっただろう。
でも
昨日のボクは違った。

何故ならそれは先日の出来事。
舜晃と自転車に乗って移動していた時に
彼は寝てしまっていて、被っていた帽子を落としてしまった。
それはちょっと大切なもので残念に思っていた。

翌日
落としたと思われる場所に行ってみた。
其処に其はあった
同じようにガードレールにかけてあった。
きっと誰かが拾って、きっと落とし主に対して意図的にそうしてくれたのだと思う

そんなことがあって
ボクは昨日見た誰かの帽子に対する見方が違った。

なんだか凄く嬉しくなった。
とても感動した。
交番に届けるよりも、探している人にとっては最も効果的な方法と思う。
そんなことよりも
落ちている物を見過ごさず、ちょっとした手を加えると言う事。
それは当たり前のことなのかも知れないけれど
ボクにはその良識が欠けていたためなんだか嬉しくなったのだ。
なんて素晴らしい心意気なんだろう。

ガードレールの帽子を見た時ボクは想像した。
見知らぬサラリーマン風のおじさんが
落ちている帽子に一瞬目をやるがそのままとおり過ぎ
少し進んでから思い直して引き返し
拾い上げた帽子の埃を払い落としてガードレールにそっとかける様を。

学生時代のボクであれば
酒に酔って街を徘徊している時に昨日の帽子を見たら
なんの考えも無しに防止をガードレールから剥ぎ取り
どこかに投げ捨てるような事をしていたかもしれない。
もちろんそんな記憶はないのだが
ひょっとしたら覚えていないだけで実際やっていたかもしれない。

でも、昨日は違った。
いや、昨日から違ったのかも知れない。
自分が誰かに拾ってもらって嬉しかったから
と言う理由はボク的にはちょっと邪まな気がしないでもないが
これは感謝の連鎖とも言えるのではないか。
感謝スパイラルとか言うとちょっとかっこいいですか??
そうでもないですか。
使い方間違ってませんか??

自分が親になってから
得たもの、知った事、学んだ事は膨大な量になるが
今回の事もその一つだ。

こんな事が本当の意味で大人になるってことなのかなって思った。
自分にとっての良識が常識に変わる事
それって素晴らしいな。



そして
こんな話をすると

 『お前何言ってんだ?? そんなの常識だろ??』

って言われたらもっとステキぢゃないか。




今日の帰り道
その帽子がなくなっていたら良いな。
そしてソレがあるべき場所に返っていることを願うのである。
TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア