FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

キャビン・フィーバー
キャビン・フィーバー
原題:Cabin Fever
監督:イーライ・ロス
製作:スーザン・ジャクソン
脚本:ランディ・パールスタイン , イーライ・ロス
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
出演:ライダー・ストロング , ジョーダン・ラッド , ジェームズ・デベロ , セリナ・ヴィンセント
収録時間:92分
発売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
音声仕様:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーステレオ
-----
新鋭監督、イーライ・ロスが低予算で撮り上げたことで話題となったホラー。学生生活も終わり、最後の夏休みを満喫するために小屋を借りた5人の若者。だが、酒とドラッグとSEXに満ちた自由な時間も血まみれの男が乱入したことにより一変する。
-----


意外な掘り出し物発見!! とか思ったらこれってヒットしたらしいね。一瞬だけ
『キャビン・フィーバー』


前回の『レイクサイド・フィーバー』に引き続いてまたフィーバーかよっ。
なんですか??
『フィーバーもの』が流行ってるんですか??
まぁもちろん今ボクの考えた単語ですが。
どうやら今時代はフィーバーらしい。
ジョーニー・デップーの次回作はフィーバー系らしい。
後、大杉漣も
ほんとかどうかは解りませんが。


冒頭。
またキャンプかよっ!!
洋物ホラーの98%が、『お気楽学生が森にキャンプに行くところから始まる』
と、(ボクに)言われているのが(ボクの中で)有名である事は皆さんもご存知かと思いますが、
この作品もやっぱキャンプです。
ビールでキャンプファイヤーでマシュマロ焼いて怖い話です。
多分条例とかで決まってるんでしょうね。
都の迷惑防止条例とかで。
そう言えば国内の作品でもキャンプに始まる作品が多数ありますね。
『南極物語』とか
まぁあれはいささか寒いつーか寒すぎる場所でのお話なので
根っからのキャンプ映画マニアからは反論があるやもしれませんが。


さて今回
ちょいと遅い時間から観始めたのでちょいと1.70倍速とかでスタート。
どうせまたアレなB級でしょ??
とか思ってたんですが。

くわっ!!

画質が良い
いやこれって、結構大事ですよ。
画質が良いってだけで『おっ??』って思っちゃいます。
逆に画質がダメダメだと、何も始まる前からかなり萎えますから。

それから
女の娘達がちゃんと化粧もして服装とかも綺麗にしている。
男性陣もまとも。

コレも重要だよね。
やっぱソバカスだらけのいかにも『何この素人さん』って感じで
おいおいもしかしてすっぴんか??
って感じだったり髪もボサボサ服装もダサダサ体型もモサモサ。
まぁちょっと韻を踏んでみたんですけど

だったりすると『はぁ…』ってなりますね。
男女問わず超老けてて
『いや…いくらなんでもお前…学生は…ない……よな??』
ってやつらばっかりだとねぇ…
『サッサと殺されちまえっ!!』
となるのが人情ってもんです。

つーことで再生速度は1.20倍速にスピードダウン。


さてそんな感じで
順調にキャンプはスタート。
さてクリーチャーは何時出てくるか…
等と思っていたら
伝染病ものでした。ちょっと意表をつかれた感じ。

で…
後は普通にB級っぽい感じで
山小屋ホラーにありがちな展開が進んでゆきます。
ホラー的な描写はかなりえぐかったりグロかったりします。
それから随所に小ネタが散りばめられていたりして割と楽しめます。

ラストも『うわー』っていうオチ。
その後に更に
『うわー、うわー、うわーw うっわあああああああ
って感じになりましたwwwww


そんな感じでですね
思わぬ掘り出し物だったのですよ。
コイツは殿堂入り(処分しないだけなんだけどもね)決定!!

ホラー好きな方にはオススメです。



キャビン・フィーバー
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2005/09/22)
売り上げランキング: 345
おすすめ度の平均: 3.22
2 この映画が好きな人ごめんなさい、私的にはまったく面白くないです。
3 そこそこ楽しめた
3 明るいホラー



スポンサーサイト



TOP
『UNTOLD LEGENDS ウナタカの勇剣』の初見
UNTOLD LEGENDS ~ウナタカの勇剣~


やっとPSPで遊び始めました。
まず始めに思った事は、液晶凄く綺麗なのね。
正直驚きました。感動的ですらある。
携帯ゲーム機でここまでとは…

コイツで音楽再生とか動画再生とか
全くする気はなかったんですが、これだったらちょっと試してみるくらいはしてみたいなぁ
等と思ってしまったよ。
アナログスティックも言われているほど使い難くはなかったよ。
改善されたのかな??
保存がメモステってのがすんげー嫌だけどね。

まぁそんな訳で
当初の目的であるゲームをば早速。
PSPを購入した1番の理由である『UNTOLD LEGENDS ウナタカの勇剣』
を。

おー
いーねー
面白いよコレ。
良い感じにディアブロだよコレ。
ほとんどボクの求めていたものがそこにはありました。

んが
多少不満もある。
つーかコレはゲーム自体の不満と言うよりハードの不満かな。
購入前から聞いてはいましたが
ローディングが長いね…
とっても長いな。
光ディスクだからまぁ仕方ないんだろうけども
ちょっとだるいなぁこれは。
基本的な挙動はサクサクしてて非常に良いのだが
随所にローディングが入るのがちと痛い。

例えば
メニュー画面でアイテムを物色している時に
隣のアイテムに移動しただけでたまにちょっと止まるってのはどうだろう。
せっかちなボクには非常に煩わしい。



ゲーム自体のシステム面。
概ね良好。
飛び道具に関して一言
ロックオンとまでは行かなくても敵の方に自動で向いて欲しいな。
ちょっと当て難い。

それからアイテムの結合なんだけど
一種類だけしか結合できないってのはちと残念。
最初から付加効力のあるアイテム(赤字のもの??)には結合できない。

いずれもあったら良いのになぁ程度。
後はこぢまが持ってないのが問題
あぁ、これは違うかっ
しっかしマルチプレーやりてーっ


まぁそんな訳で
すんげー面白いですこのゲーム。
当分やり込めそうな感じ。
本国では既に続編が発売されているとの事で
それもこっちで発売される事を願いつつ!!


いやしかし
ディアブロの続編出ないかなぁ。
つーかさ
ディアブロなんてキャラクターとアイテムとモンスターとマップだけ
どんどん追加していけば今後10年くらいもつと思うんだけどね。
システム的にはほとんど完成されてるし
グラフィックだってあの程度で十分でしょ。
拡張パックをばっかばっか出してくださいてなもんです。

つーかPSPで出して欲しいなディアブロ2w
TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア