FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

モンスターハンターポータブル
モンスターハンターポータブル

やばいねこれは
何時ものように今更デスガ
とっても面白い。

でもあれだね。
クエスト以外ではフィールドに出られないんだね。
モンスを倒す事によって経験値などによりレベルアップする事も無いらしい。
ちょっと残念ではあるが。

ぢゃあどうやって強くなるのか??

クエストを受注して町の外に出てその辺に落ちているものを拾ったり、壁を削って石を獲ったり草花を伐採したり、その辺を歩いている恐竜っぽい動物を虐殺したりして、『素材』を入手するのです。
しかる後、素材を加工して武具を作成してもらうのですな。

武器は基本形として

 ・片手剣+盾
 ・大剣
 ・ハンマー
 ・槍+盾
 ・ライトボウガン
 ・へヴィーボウガン

って感じです。
その他、大検やハルクボウガンなどもあったりなかったりするかもしれないししないかもしれません。


それぞれ違ったスタイルになるんですが
更に素材とお金を使う事によって既存の武具をグレードアップする事ができるのです。
それによって性能もグラフィックも異なる様々な形態に派生していくと。

ボクは基本的に遅いのが嫌なので
手数勝負の片手剣を選んだのですが
巨大恐竜を相手にしていてフト思ったのです。

 オデは一寸法師かこの野郎!!

と。

ここはやっぱ大剣だっ!!

装備してみたところ

 うはw なんだこのでかさww こりゃガッツだ。完全にガッツやで!!


簡単に気に入ってしまったご様子。
嬉々として恐竜達に報告に行ったのですが…

 重いな… ゴメソ…やっぱオデ、ガッツにはなれないみたい…

ほんと重いw
ガッツはこんなものを振り回していたのか!!
って感じです。
しかし破壊力は流石って感じだったよ。
今ではすっかり扱いにも慣れてきましたが。

で…
今はちょっとアップグレードして巨大な日本刀みたいなやつになってます。

 キタコレ これ完全に和泉クンだ!! うはwww


あっさり気に入りましたまたしても。
んで
ボコられて死にそうになると

 クッ!! スーツがっ!!

とか(脳内で)言って、一人で悦に浸っております。



まぁそんな感じで
これはかなりボクのツボに嵌るゲームであると言えます。
ゲーム好きなんだけど腕の方はからっきしなんで
なかなか進みませんがw
視点がグルングルンするから敵を直ぐ見失っちゃうんだよね。
後、補助アイテムとか使うのが苦手なのです。
基本的にボタン連打だけでなんとかなるようぢゃないと苦戦です。


あーそうそう
ちなみに作成したキャラの名前は『ManchoS』です
性別は当然おなごです。
胴と腰の防具は着ないことにしています


そうそう
このモンハンの世界には『飛竜』と呼ばれる方々がいらっしゃいまして。
ベルセルクで言うところのゴッドハンドでしょうかね。
もう絶対的・圧倒的なパワーと存在感をお持ちでいらっしゃいまして、大空をさも気持ちよさげに我が物顔で飛び回っております。

なーんだ飛んでるだけか、怖くもなんとも

 降りてきた
 
頓死。


ありえねぇ…
ほとんど裸(貧乏で防具買えない)なオデにちょっかいだすなんて…
なんて度量の狭い奴…

実社会で言えば奴はそう…

 ヂャイアンだな

うっかり外をブラついていようものなら『むしゃくしゃするから殴らせろ』と言っては鼓動が止まるまで殴られ。

砂漠地帯でラジコンで遊んでいれば『俺はかーちゃんのスレイブぢゃないっつーの』とか言いながら
突然舞い降りて、ラジコンを取り上げられ。

空き地で虫捕ってたら『おーでーはヂャイアーソ』等といきなり無理やりリサイタルに参加させられ。

もうね
超暴君
超理不尽


でもソレが良い
奴がいるだけですげぇ緊張感ですげぇ締まる。

そんな雲の上の存在な飛竜ですが
昨夜とうとう1匹退治してやりました。
1番弱い奴ですが

勝った!!
のび太がヂャイアンに勝った!!

戦いの後
動かなくなったヂャイアンから素材として皮や骨を剥ぎ取るのび太。


ドラえもんが言わなそうな台詞

 『タクシーの方が絶対早いってば』
 




スポンサーサイト



テーマ:モンスターハンターポータブル - ジャンル:ゲーム

TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア