FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ちょっと呑みすぎたかも
20060706093500


んー
んー

昨夜
布団に入った記憶が全くない
つーか帰宅してからの記憶が曖昧。

なんか知らんけど,家帰ってからも呑んだのは覚えてる。
ケータイでしっかり写真まで撮ってる。

んで
ここに1個エントリしたのも覚えてる。

その後だな
その後どうなったのか全然解らん。

朝起きたら服着たまんまだったけど一応ちゃんと布団で寝てた。
んで
何故か枕元に焼酎の入ったグラスがおいてあった

起きた時思わずそれ呑もうとしちゃったんだけど
まぁさすがに踏み止まったw

そんなわけで
昨夜はもうちょっとやりたいことがあったハズなんだけど
なんだか良く解らないまま寝ちゃった,と。

ただ1つ言える事は
頭痛い

つーことで
たけぷこお疲れ
つーかありがとう

スポンサーサイト



TOP
錦糸町で呑んでた
今週たけぴこと呑むのは無理だろうって思ってたんだが
20:39に奴からメール

 よし,呑みに行くぞ

なんつーかね
少し泣きそうになったね。

まぁ
たった今帰宅したわけなんだけど
短い時間ながら色々話してきた
奴は一番の親友でありながら,それゆえなのかどうなのか
実は言えない事も結構あってつい最近そんな自分が凄く嫌になって
奴に話せない事って他に誰に話せるんだろう??
って思った。

何はともあれ奴に相談するのがまず最初だろって思った。

この前ちょっと話した時に奴が

 いやぁ実はオレも唐突にアノ夜つーか朝のこと思い出してさ…


って言ってて
何時のことだ??
って全然解らなくて
さっき聞いてきた。

あー
アノ日か…
それはボクの人生の中でも多分最も最悪な朝だと思う。

その朝
奴がどう思ったのかってことを説明してくれたよ。

できれば思い出したくなかったなぁ…
いやまぁ忘れた事なんてないんだけどさ…

自分自身に常に刻印が付きまとってるからな。

決して消せはしないもんな
自分を許すこともないだろうな

でも
きっとそれで良いんだと思う
TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア