FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

イン・ザ・プール - 奥田 英朗
イン・ザ・プール


さてさて
こちらも借物の『イン・ザ・プール』でございます。

面白かったです。
読み始める前の勝手な印象としては
サスペンスとかミステリーの長編を想像していたのですが
全然違った。

短編コメディでした。

短編と言っても
伊良部総合病院ってのがメインにあって
そこの神経科の医者である伊良部さんがどのエピソードにも出てきます。

毎回そこにやってくる患者が主人公と言う設定。
これって主人公は伊良部さんなんだろうかね??

最初は汚くてキモいおっさんだなぁって思ってたんだけど
何気にイイ奴です彼はww

本人はまったくその気がなく好き勝手やってるだけなんだけど
結果的に患者の病気を治し,患者に感謝され,それどころか最終的には尊敬すらされてしまうというなんともお得な奴です。

んで
ボク的には伊良部さんのところに勤務してる看護婦のマユミさんが好きです。
滅法好きです。

なので
彼女がちょっとだけ,本当にほんのちょっとだけクローズアップされる
ケータイ依存症の高校生のエピソードが一番のお気に入りです。

どのエピソードも
様々な症状に真剣に悩んで通院するのですが
伊良部のバカバカしさと言うか,天然っぷりに翻弄されつつも
彼と接しているうちに自分のコダワリとかってのがなんともアホ臭いものだろうかって事に気がつき
いつの間にか治っている,つーか簡単な事に躓いていたんだってことに気がつく。
そんな
心地の良いストーリーです。
ボクはコレかなり好きですね。



中々オススメの1冊と言えるのではないでしょうか。


イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
posted with amazlet on 06.08.14
奥田 英朗
文藝春秋 (2006/03/10)


スポンサーサイト



TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア