FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

エトロフ発緊急電 - 佐々木譲
エトロフ発緊急電


さてさてやってまいりました
Epigonens読書企画
山本周五郎賞受賞作品を読もう!!

第3回受賞作品である今回は『エトロフ発緊急電』です。
佐々木上 著,平成2年度受賞作品。


戦争モノ,スパイモノ。
酸っぱいモノではありませんので悪しからず。
米国籍の日系人で日本に潜入して真珠湾奇襲攻撃についての情報を探る主人公。
そして択捉島で駅逓を営むロシア人とのハーフである女性(あんまり覚えてないので詳細はテキトウかも)がヒロイン。

話は2人の主人公やそれにまつわる周辺人物達のエピソードがザッピング的に進んで行きます。
別々の場所で別の人物が別の行動をしていて最後に全てが繋がるって言う展開はボクの好きな手法の1つです。

これって3部作らしいですね。
面白かったので他の2作品も是非読んでみたいと思います。


率直な感想としては面白かったです。
登場人物が皆個性的というかキャラが立っている感じで強烈です。印象的です。

こう言うのなんていうんでしょうかね。
ハードボイルドアクションとかって言うんでしょうか??

主人公が警察に追われる場面とか
まぁネタバレになるので具体例を多く出すことは控えますが
兎に角ハラハラドキドキの連続で物語りに一気に引き込まれます。
それから,軍艦の描写が巧いと言うか好きです。
真珠湾を目指して連合艦隊が集結する場面の描写など,かなりの迫力があり頭の中に映像としてハッキリと浮かぶほどでした。
また,主人公であるケニー斉藤の内面の動きが微妙でとても面白いです。
その他の登場人物についても内面の揺らぎや葛藤などが非常に良く描かれていると思いました。

長編ですが一息に読み終えてしまった感じです。
これはオススメと言えるでしょう。



とまぁそんな感じで
山本周五郎賞受賞作品を3作読んだので,暫くお休みです。
ここで友人から借りている本を何冊か読んだ後,同時進行の別の読書企画が始まります。



つーことで
我が家の極々近所に猟師が撃った野鳥を食べさせる店があるのです。
所謂ジビエって奴ですか。
かなりの近所で有名店らしいのですが実は全然存在を知りませんで,takepicoから訊いて初めて知りました。
んで
あんまりにも近所なもんですから,この前店を見に行ったんですよ。
『おーここかー』
なんつってあっさりと見つかったわけなんですけれども。

このお店

 紹介制

なんだそうです。
更に

 紹介者が同行しないと入店できない

らしいんです。

うをー
まぢかよー
超行きたいんですけどー
野鳥とか超食べたいんですけどー
スミマセン何気に鳥と超をかけてる感じになっちゃってるんですけどー
誰かお願いだからボクを紹介してくださいませ
連れてってくださいませー
takepicoなんとかしろやゴラ!!

とか
ほんとかなり渇望していたわけなんデスガ

今朝
風呂入ってて思ったんですよ。

 バーロー

って。
なーにが紹介制だコラって。
えーらそうなこと言ってンぢゃないよバカヤローが。
まぁ相当美味いんだろうけどさ。
オレはいーやなんか。
実家から送られてくる秋刀魚だの,カミサンのかーちゃんの作るミートローフだの自分んちで出てくるありとあらゆる料理だのって言う方がよっぽどウメーっつの。
味噌汁の具がキャベツだったらそれで良いって事。


でもまぁ

 こぢま: 『え!? 何?? あの店?? オレしょっちゅう行ってるけどwww』

とか言われたら
バカwwwwwwオマエewww連れてけwwwwwwwww
ってなるけど,それは何気にコヂマがかよ!! ってところが面白いからであります。

負け惜しみぢゃないんだよ
ホントなんだようわーん


エトロフ発緊急電
エトロフ発緊急電
posted with amazlet on 06.09.22
佐々木 譲
新潮社 (1994/01)
売り上げランキング: 109,075
おすすめ度の平均: 4.67
5 時代と悲しい人々
5 面白い!
4 択捉島で何が起きたのか


スポンサーサイト



TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア