FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション
監督:ピーター・ジャクソン
脚本:ピーター・ジャクソン,フラン・ウォルシュ,フィリッパ・ボウエン,オーランド・ブルーム
原作:J.R.R.トールキン
出演:イライジャ・ウッド,イアン・マッケラン,ヴィゴ・モーテンセン,オーランド・ブルーム
収録時間:250分
音声仕様:英:5.1chサラウンドEX/6.1chサラウンド、日:5.1chサラウンドEX
面層:片面2層
色:カラー
字幕:日英
画面サイズ:シネスコ
-----
劇場公開版に合計50分の未公開シーンが織り込まれた、まさに究極の完結篇。サルマンと ガンダルフの対決シーンや、ファラミアとエオウィンのロマンス、さらにはピーター・ジャクソン監督のカメオ出演シーンなど見所が満載。
-----


全然『次』ぢゃねーし
『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』


ハイ,と言うわけでですね
前回からどんだけ日にち経ってんだよって話ですが
スペシャルエディションなので
もう兎に角ひたすらめったやたらと長い。
そしてやっぱりすげー面白い

でもやっぱりフロドはいらないよね

もうさ
フロ(馴れ馴れしい)の部分はさナレーションで片付けちゃえばいいと思うんだよね。
もしくはサムが何の迷いもなくさっさと滅びの山まで行ってあっさりと指輪を投げ捨てましたみたいな感じで。

戦争シーンがすげー迫力でナイステンポなだけに
余計にフロのもたもたが鼻につく。
あいつ結局サムのおかげで任務遂行できたんぢゃん
つーかサムがいないとなんにもできないぢゃん
しかも最後の最後までぜんっぜん成長しないし。
普通こういうのって旅を通して成長していくってのがセオリーなんぢゃねーのか??

ここまでフロの野郎に対して厳しいのは裸足で切り立った岩山とか平気で登って行くのがみてらんないからだと思うんだよ。


というわけで毎度おなじみ箇条書きスタイルでシリーズを通しての感想など

 ・戦争シーンはもうホント文句なし
 ・つーかその迫力を楽しむ映画
 ・ストーリーは別にそれほど良くはない
 ・でも感動は出来ます。感動にも色々種類はあります。
 ・しかし主人公って誰なの??
 ・セオデン王の変わりッぷりはやりすぎだろwww
 ・彼と言えば『親が子を葬るなどあってはならぬ!!』
 ・結局,レゴラスが最強ですかね??
 ・エントも中々笑わせてくれます
 ・ガンダルフって打撃攻撃しすぎな感じが
 ・谷に落ちたけどアレだったのは男塾のアレっぽいな
 ・あージンギスカン食べたい
 ・ボクが住む部屋のある建物は必ず外壁工事をする
 ・後は忘れた


うん
なんかめんどくさくなって箇条書きにしたんだけど
全然思い浮かびませんでしたわ。

いやしかしね
ボクが観たのはSEEつまりスペシャル・エクステンデッド・エディションっていうなんか舌噛みそうな感じの奴なんですが
これって未公開シーンつーか追加シーンつーかなんかよく解らないけど
追加されてる部分が結構あって
『劇場公開版に50分の未公開シーンを追加』とかってのはなんか流石に追加しすぎなのでわ??
もう全然別もんぢゃん!!
って感じもしなくなくなくもないけど
うん
多分別もんだと思います。
SEEを観た方が良いですよきっといや絶対。
んで
結局どれくらい長いのかって言うとですな
三部作の合計が672分だそうです。
これホントか??
うーん
どうなんだろう…

でもまぁそれくらいあるかもな…

とまぁそんなわけで
これは男の子映画であろうと思います
女の娘にしたらあまり楽しめないかもしれないですな

 えー合戦とかよくわかなーい

とか言いそうです。
まぁ普通に考えると『合戦』とか言う女の娘なら楽しめるんぢゃないか…??って感じですが。


兎に角まぁそういうことなので
かなり強めにオススメしておきます
長くてもSEE版を観ましょう。


ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション
ポニーキャニオン (2005/02/02)
売り上げランキング: 1014
おすすめ度の平均: 4.5
5 本当のエクステンデッドDVD
5 音響効果について
5 LOTを本当に堪能するならSEEです


スポンサーサイト



TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア