FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

エイジ - 重松清
エイジ (朝日文庫)


Epigonens読書企画
山本周五郎賞受賞作品を読もう!!

第12回受賞作品である今回は『エイジ』です。
重松清 著,平成11年度受賞作品。


『オマエ,青春小説を読めよ』
ってのはtakepicoが口癖のように言うわけですが
やっぱ青春小説だよなっ!!
ってのはボクの口癖です。

最近の奴は重松さんの作品にどっぷりで『しげちー』とか馴れ馴れしく呼んで調子にのってるんですよ。
ってまぁそれはどーでもいいんだけど。
そんなこんなで今回の作品はtakepicoが所持ってたので奴からの借り本。

いやー
良かったですよ。
やっぱ青春小説だy
しつこい。

さて
この作品はですね
ニュータウンの団地に住む極々一般的な家庭に育つ極々一般的な14歳の中学生が主人公。
極々一般的なバスケットボール部に所属して極々一般的に恋をしたりなんだかんだと一般的な学校生活をおくる日々。
そこに非日常的な事件が発生したりして話しは急展開。

思えば自分は14歳から既に15周年だったりすることに今気が付いたんだけど
本作品の日常はあるあるあるあるーってことの連続。
でもまぁなんだろうね
今の14歳が今読んだら『ねーよwww』とか言うんだろうかね。
それほど変わってないんだろうかね。
重松さんはその辺巧く描いてると思います。
ちょっとオッサン臭いと感じる部分もありましたが
それは自分がもう30目前だからなのかそれとも執筆時期によるものなのか。
まぁどうでもいい。

少年達の心の動きが繊細に丁寧に描かれていて凄く面白いです。
ゆらゆらと揺れ動きながらも『兎に角かっこわるいことが嫌い』って言う信念があったり。
バスケ部でのイジメやそれに対して主人公の対応。
何もしないのも友情。
そんなカッコ悪いことあいつだって望んでないよって言う部分とか。
いいねぇ
青春だねぇ

多分テーマは『少年犯罪』かな??
とか勝手に思ってるんだけどそれよりも少年達の心の動きが面白いです。
個性豊なクラスメート達が素晴らしい。
ラストのツカちゃんとのやりとりにはホロリとしてしまったよ
ワルなんだけどすげーイイヤツなんだよね。
後半でスランプに陥ったときはそりゃあもうハラハラドキドキしてしまったよ。

この作品は誰が読むべきなのか??
タモツくんぢゃないけれど
『これから中学生になる奴と今中学生の奴,それから過去に中学生だった奴』が読めばいいと思います。
まぁ誰が読んだっていいと思う。
All or Nothing!!
つまりそういうことだっ!!
まぁいつも通り全然間違ってますが。
なんかちょっと英語とか使ってこいつまさかジーニアス??
とか思って欲しかったんだ。
それなりに効果はあるハズ。

ダークな話しもそれはそれで面白いしそこから得るものも沢山あると思う。
でもやっぱこう言う清々しい気持ちの良い作品も大事だよね。
特に心がクサクサしてる時ってのは絶対こっちですよ。
心の底から湧きあがってくるものがありますよ。
うをーオレはまだやれるっ!!
もっと頑張ろう!!
今日からネクタイ着用ウザい!!
とかそんな気持ちにさせてくれますよ。


とまぁそんなわけで
前回がひたすらにカオスなめちゃめちゃストーリーだっただけに
今回のこの清々しさは破壊力抜群つーか破壊力グンバツでした。
これも計算の内か!?


つーことでコチラ
オススメしておきます
みんな
青春小説を読もうゼッ!!


エイジ (朝日文庫)
エイジ (朝日文庫)
posted with amazlet on 07.10.09
重松 清
朝日新聞社 (2001/07)
売り上げランキング: 32304
おすすめ度の平均: 4.5
4 買いです。
5 我が青春よもう一度
4 少年の目線がよく描けている


スポンサーサイト



TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア