FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

鮎めし




研いだ米に
酒と醤油と男と女…
サラダ油をちょっと入れて
昆布(下に敷くべきでした)を入れて
塩焼きにした鮎太郎くんを
危うくそのまま齧りつきそうになるのを
堪えながら投入し
炊く!!

土鍋でいけば
おこげもできて
ウハウハではあるのですが
めんどくせーし
1合だけ土鍋ってのもアレですので
今回は炊飯器で。
魔封波の練習し過ぎで
亀裂の入った
炊飯ジャーで。


上手に炊けましたー
(上手に焼けましたの発音で)

ただまぁ画像が
何も考えずに盛って
何も考えずに撮ったので
全然ウマそうではありませんね
鮎感がゼロですね。

ただ
当たり前ですが
当然のごとく
美味いです。

骨も頭もそのまま混ぜ込んでます。
肝がヤバイですねやはり。

しかし
大きめの身を食べた時に思ったのは
やっぱり塩焼き食いてぇwwww

でしたね。

それから
結構醤油入れたし
鮎の塩焼きも塩強めにしたけど
それでも薄目の味でした。
まぁ優しい味と言うやつです。


来週
ジャパンが届くので
こぢまにメールを送ったところ
案の定外人さんから即レスですよ。

つーか
あいつどうせ釣りするなら
鮎釣ってきてくれねーかな
マヂで。
スポンサーサイト



TOP
取り敢えず塩!!




焼き!!
やはりまずは塩焼いてみなければならないと思うのだ。

アレだな
もうちょっと焼き色をつけるべきでしたね。
だって
そんな事
言ったって
もう既に
呑んぢゃってたし
難しい事はわからないし

ただこれだけは言える

うめぇ!!
鮎うまいよー
ちょーおいしいよー
TOP

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア