FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

これは絶対に欲しい!!
欲しいスギル


欲しい!!
コレめちゃめちゃ欲しいです!!
欲しいよ欲しいよかーちゃん僕コレ欲しいよウワーン!!
何が欲しい買って言うとそれは
『着脱式ハードディスク搭載可能DLNA対応 ネットワーク・メディアプレーヤーTRANSGEAR DVX-700』 - TRANSTECHNOLOGY
と、いうもの。

つーことでですね。
ぢゃあこれはなんなのか??
いわゆるネットワークメディアプレイヤーでして。
何をする物かと言うと、要するにPCに保存された動画・画像・音楽等のデータをネットワーク越しにテレビやオーディオ機器で再生しましょう。という機材なんですね。

今までにもこの手の製品は会ったんですが、今回のは何がイカスかと言うとですね。

 ・まずHDDを着脱可能
 ・HDDに保存したDVDイメージをDVDVideoとして再生可能

という2点。
これだけで速攻購入ポチッとな
と、やってしまいそうになった僕なんですが、そこはあなた。これまで過去に幾度となく衝動買いで痛い目にあってきた僕の事ですから、一つ冷静になりました。

『まてまて、使えない物を買ってしまう前にしっかり詳細を確認しようゼ』

と言う、神の声が聞こえたわけなんですよ。

そんな訳で、色々と探索してみました。

まず価格。
有線LANのみのDVX-700 M10が29.800円で無線LAN搭載のDVX-700 M20が32.800円。
うん。安いね。問題なし。

更にHDDを使用するためのアクセサリとして『3.5インチIDEハードディスク用カートリッジ』と言う物がありまして、こちらが1.980円。
これは1つあれば良い物ですからまぁ安いですね。問題なし。

つーことで、価格面ではかなりお手ごろと言えるでしょう。

次に機能面
まずは今回非常に重要な『DVDナビゲーション』機能。
-----
本体搭載のハードディスク上に作成したDVD Videoイメージ(VIDEO TS)をDVD Videoディスクをコントロールするのとまったく同じように、ナビゲーションすることができます。
-----
あー惜しい!! DVDのイメージなんですが、出きればisoイメージをマウントして欲しかった!!
うーん、残念ですねぇ。
ですがこれはまぁそれほど支障はないので許容範囲。

その他スペックとして
USB2.0端子、D4端子、DVI端子を装備。更にCDDBから楽曲情報を取得する機能など、ぶっちゃけ今回僕が欲しい理由からするとどうでもよい機能も満載。
いやこれね
今回の僕の主旨からは外れるだけで、実はかなり便利な物なんですよ実際。
つーかまぁこれを書いている時に知った情報です。すみません。産まれてすみません。

そんな感じで、基本スペックにも問題がなさそうです。

さて、注目度NO.1のHDD部分を見てみましょう。
基本的には問題なさそうです。
んが!!
-----
DVX-700で認識できるHDDは、ATA規格に準じたIDE接続のHDDでFAT32でフォーマットされているHDDです。
-----

え…
『FAT32』でフォーマットだと?? 今更NTFS使えないのかよ!!
嘘!! まぢかよっ!!
がびーんがびーんがびーん
痛い!! これは実に痛いなぁ…
この1点だけで、購入をためらってしまうほどの重要な問題です。
と、思ったけどよく考えたらisoイメージ使えないんだから全然問題ないか!!
つーことで解決!!

そんな訳で、発売前の情報を見た限りでは問題なさそうです。
買いです。これ買います。多分。

早速、予算委員会に提出だ!!
ひゃほーう

つーことで
今回は基本スペックについてお伝えしました。
次回は僕の想定する『我が家での使い方』を元に、具体的なオススメポイントと言うか使用例をお伝えしようと思います。

そんな訳で続きますw
スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/110-d11c9689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア