FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

DVX-700をどう使うのか
欲しいスギル


ということでですね
前回の続きなんですが、今回はもしDVX-700が我が家にやってきた場合、どう使うのか。それを紹介してみようと思います。
つーか、自分向けに使い方を整理しつつ本当に欲しいのか再確認したいな。とw

さて、まず我が家で現在使っているHDDレコーダーについて書いておかねばなりません。
それが東芝の『RD-H1』というものなんですね。
これはまぁHDDレコーダーで、DVDドライブがついていません。
機能的にもいたってシンプル。凝った機能とかは基本的についていないんです。
東芝のオンラインショップである『Shop1048』でのみ販売されているものです。
今では普通に買えるようですが、発売当初はオンラインでの完全予約制で、数に限りがあったため、予約開始時間には注文が殺到。
僕が購入した回にはなんとサーバダウンで延期になったほどの人気(一部で)だったのです。

何故か??
それは価格にあります。
安いんです。
今でこそ600GBとか平気で出てますけど、当時にしては250GBと言えばフラッグシップモデル並みの大容量でありながら、31.990円という驚きの低価格。

DVDドライブがついていないながら東芝の売りとも言える『ネットDe』機能が搭載されているため、入門用あるいは東芝製DVD&HDDレコーダーを持っている人の増設用(HDDの)としての利用価値の高さから、人気が出たものと思います。

僕がこれを買った理由はもちろん価格、そして矢張り入門用として。
またLANによるネットワーク機能が使えると言うところですね。
PCにDVDドライブがあるわけですから、レコーダーには不要と判断したわけであります。
もっともテレビ番組なんて観たら直ぐ消すような物しかないわけですから、DVDに書き込まなくとも、こいつのHDDが埋まったらとりあえずPCのHDDにどんどこ放り込めばまぁ無限ともいえる容量が確保できるわけですから。

また、予約やら編集やらだって、小さなリモコンでちまちまやるより、PC上で操作したほうが圧倒的に使いやすいであろうことなんて、実際に使ってみなくたって三つのガキでも解るでしょう。WEPGも使えますし。

で、このRD1を現在も順調に使用しているわけなんですね。今のところHDDが埋まる事もなく。
けれども、この先どうしたって容量は足りなくなるでしょうし、また容量は多ければ多い方が良いに決まってます。
ぢゃあ、当初の予定通りPCにデータ移動しますか。ってなるわけなんですけれども。
ここで、ただPCに移すだけぢゃあ能がない。つーかPCに移した時点で基本的に僕しかデータに触れなくなるわけです。
それぢゃあちょっと不便だな、と。何せテレビを録画するのはほとんど僕ではないですから。
なら、DVDに焼くか。ってもちろんそう考えるわけですけれども、それはそれでいーんですがDVDってのはどうしたって1枚あたり4GBちょっとしか入らないわけですね。時間にして2時間とかそんなもんです。
それぢゃあDVDの枚数がかさんでしまいます。
メディアの値段なんて1枚100円切ってますから別に問題ないんですが、かさばります。
また、あれやこれやとDVDを入れ替えるのだってめんどくさい。

HDDを換装できるレコーダーが発売されれば一挙に解決なのだが…
とか思いましたが、まぁそれは当分見込めそうもない。
そんなことしたらレコーダー売れなくなっちゃいますもんね。

そこで『DVX-700』というものが現れたわけです。



ここまで書いたんですが続きはまた次回にしようと思います。
なんかタイトルに偽りがありますねw
DVX-700をどう使うか?? とか言っておきながら結局RD-H1の紹介になってしまいましたw
因みに東芝の社員ではないですのでww

次回こそはDVX-700の使い方を書きたいと思います。
つーことでまたまた続きます。
スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/115-08206e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア