FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

パニッシャー
パニッシャー コレクターズ・エディション [DVD]
制作年:2004年
制作国:アメリカ
ジャンル:洋画 / アクション / ミステリー・サスペンス
品番:RDD-36519
原題:THE PUNISHER COLLECTOR'S EDITION
制作:ケヴィン・フェイグ
脚本:ジョナサン・ヘンズリー , マイケル・フランス
監督:ジョナサン・ヘンズリー
出演:トム・ジェーン、ジョン・トラボルタ、ウィル・パットン、ロイ・シャイダー
収録時間:123分
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
音声仕様:英:ドルビーEX6.1ch、日:ドルビーEX6.1ch
特典:監督による音声解説、メイキングドキュメンタリー、リアリズムの追及:「パニッシャー」のスタント、未公開シーン集(音声解説付き)、ミュージッククリップ
面層:片面2層
色:カラー
字幕:日・英
画面サイズ:シネスコ
----------
70年代に人気を博したアメリカンコミックスをトム・ジェーンとジョン・トラボルタの共演で映画化したサスペンスアクション。愛する家族を殺された元FBI潜入捜査官が、自らの手で悪を裁く闇の私刑執行人“パニッシャー”へと生まれ変わる。PG-12作品。
----------


健全なエントリは健全な映画に宿る!!
『パニッシャー』


と言うことでですね
映画はとんと御無沙汰していたわけなんですけれども。
お陰様かどうかは知らんが
そんなこんなで最近のエントリの荒みっぷりったらないので
やっぱここは映画だぞ
と。

健全な魂は健全なBlogエントリに宿るとか
更に
健全なエントリは健全な映画に始まる
なんて古代中国の有名な人が
たぶんまぁ言っていないとは思うんですが。

ぢゃあまぁ上のはコピーライトオレッ!!
みたいな感じで。

つーかそうは言っても
ぢゃあここが健全だった試しがあるのか??
と言われれば
ぐぶぬぅ…
等と言うくぐもった呻き声をあげるしかないのであるが
いちいちうっせーんだよ!!
そんな細かい事言ってると
女の娘にモテないよキミぃっ!!

えぇまぁ
おかげさまでさっぱりモテてないんデスガ。


あー
えーっと
そうそう確か今回は映画カテゴリのエントリだったね。
映画の話をしないといけないね。
めんどくさいけど。

なんかまぁありがちな
お気楽アクション映画って感じでした。ハイ。
今のワタクシには持って来いですよ。
深く考えずに普通に楽しめる作品。

ただまぁ割と序盤で主人公があっさり悪者に始末されるのには驚きました。
まぁ生きてたんですけどね…

いつものように余裕でネタバレしてますが
知るかボケー

いやしかしね
あの状況で生きてるってのはちょっと酷いと思います。
囮捜査官の情報が簡単に悪の手に渡ってしまうのもどうなのでしょうか…
まぁ悪の総帥がジョン・トラボボルタなので仕方ないデスカ!!
やっぱ彼には悪役が超お似合いだと思います。

そんなこんなで
しょっぱなでいきなり
主人公の一族郎党皆殺しになってしまうんですが
なんて可哀想なんでしょうか!!
世の中にこんなに酷い話があるなんて!!(フィクションです)
この作品の主人公に比べれば
オレの悲しみなんてむしろ幸せと呼ぶべきだな!!



奇跡の生還を遂げた主人公が
トラボルタの恐ろしさを思い知って
泣き寝入りをして物語は終わるわけですが
まぁそれは当然冗談ですが

復讐の鬼と化した主人公が
まず部屋に色々と罠を仕掛けたり
家具とかに武器を仕込んだりします。

空気を読んだトラボルタは
主人公の隠れ家(普通のアパート)に刺客を送り込みます。

 トラボルタ『こうなったらロシア人をつかえ!!』

みたいな感じで
なんか切り札だったらしいんですが
何のことはないただのパワーファイター
北斗の件で言えば山のフドウみたいな。

まぁ主人公ボロッカスにやられるわけですが
仕込んだ罠とか武器とか全部通用しねぇしwwwww


なんとか撃退して
今度は車を改造する主人公
完全防弾仕様にしてかなりイイ感じ
うーん
この魔改造を施したマシンで
敵の本拠地に乗り込むんだな!!

とか思ってたんですが
敵の刺客(実は一番最初の奴)との戦いであっさり廃車
ロクに役にもたちませんでした。

そうこうしているうちに
なんとかトラボルタに復讐を果たす主人公。

隠れ家の隣の隣くらいの部屋に住んでる
おねーちゃんとイイ感じになって
めでたしめでたし

かと思いきや
ねーちゃんの告白には
あっさりごめんなさいをして

法が裁けない悪をオレが裁くぜーうをー
とか橋の上で独りで絶叫しておしまい。

虐殺の快感に完全に目覚めてしまったようです。
めでたしめでたし。



パニッシャー コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-09-02)
売り上げランキング: 26310
スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/1161-95a41f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア