FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ショーシャンクの空に
監督:フランク・ダラボン
出演者:ティム・ロビンス、 モーガン・フリーマン、 ウィリアム・サドラー、 ボブ・ガントン 、 ジェームズ・ホイットモア
収録時間:142分
レンタル開始日:2001-05-21

Story
『マジェスティック』のフランク・ダラボンの監督デビュー作。若くして無実の罪で刑務所に服役した銀行家・アンディは、30年にも及ぶ刑務所暮らしにめげず、次第に受刑者たちの心をつかみながら、やがて無罪となる重要な証拠をつかみ取る。 (詳細はこちら




ビデオに録ったショーシャンクの空にー観てからはー
『ショーシャンクの空に』



いやー
久し振りにメジャーなタイトルなわけなんですが
やっぱりちゃんとしたキャストでちゃんとお金と時間かけて作った作品は
しっかり面白いですね。
面白いっていうよりも
なんだろうねどっしりした重みがあるっていうかね。

そんなわけで
言わずと知れたショーシャンクなんですが
好きな作品とかいう割には実は今回2回目の観賞です。

自分としても意外といえば意外。
もっと観てるかと思った。

これってたしか劇場公開時ってあんまりウケなかったんだよね。
ボクにしても原作がスティーブン・キングだったから
一応知ってたって程度だもんなー


内容的にはまぁ刑務所ものなんだけど
いかにもスティーブン・キングって感じの内容で
まぁ好きな人にはたまらないというか
心地良いですよね。

キャスティングもキングの雰囲気にばっちり合ってると思います。
まぁ原作は読んでないんですけど


そう言えば中学生のころ
キングの作品集読み漁ってたなぁ
タイトルがかっこいいんだよねぇ


こちらも好きな作品であり
また名作でもあるので内容についてはあまり多くは書かないです。
ネタバレもなしで。

刑務所ものと言えば最近では
『プリズンブレイク』がアレな感じで
かの主人公のマイケル・スコフィールドも天才ですが
ショーシャンクの主人公であるアンディ・デュフレーンも負けず劣らず天才です。

この作品から学ぶ最たるものは

 『希望を捨てるな』

ということになるのでしょうね。

Mr.Childrenの歌詞にも

----------
薄暗がりで僕が見ていた一筋の光に手をやって
世にも奇妙な力手に入れる
なんてある訳が無いけれど

ビデオに撮った「ショーシャンクの空に」見てからは
もっと もっと 確信に近いな
暗闇で振り回す両手もやがて上昇気流を生むんだ
----------

ってありますが
まさにその通りですよね。

希望を捨てずに諦めることなく
自分を信じて頑張っていれば
いつか必ず路は開けるんですよね。


しかしまぁ一方で

----------
不安から逃れる方法なら知っている
----------

っていう台詞も好きだったりして
ちょっと油断するとそんな台詞に呑みこまれてしまいそうになることもあったりして。


危ないですねw


つーことで
土曜日の夕方に
『きみに読む物語』と同時上映って感じで
立て続けに観たんですが
どちらも心を洗われる系の作品で
話の内容としては全然別方向ですが
割と良い組み合わせだったように思います。


いずれも超が付くほどの名作なので
ぜひとも観てください。


絶賛オススメしておきます。



ショーシャンクの空に [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006-01-27)
売り上げランキング: 15809
おすすめ度の平均: 5.0
5 見たことない人はみるべし
5 何度見ても
5 素晴らしい映画
5 なんと…
5 ただ、素晴らしい

スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/1249-08cad9c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア