FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

劇場版 きかんしゃトーマス 魔法の線路
劇場版 きかんしゃトーマス 魔法の線路
ウィルバート・オードリーの絵本を原作に、84年からテレビシリーズとして世界各国の子供たちに親しまれている『きかんしゃトーマスとなかまたち』。そのピーター・フォンダ、アレック・ボールドウィンを主演に迎えた、劇場用長編作品である。
トーマスたちのいる世界のソドー島と、人々が普通に暮らす世界の街シャイニング・タイム。その2つの世界を行き来できる魔法使い、ミスター・C。しかしそれに必要な魔法の粉が残りわずかになってしまい、ミスター・Cはシャイニング・タイムに戻れなくなってしまう。そのころソドー島では、極悪非道なディーゼル10が蒸気機関車たちに嫌がらせをしながら、2つの世界を自由に行き来できる機関車レディーを探していた。レディーの秘密を知るバーネット、その孫娘リリーたちもソドー島へと向かう、というストーリーだ。



さて我が家では舜晃のトーマス好きにより何度も鑑賞していますコチラ!!
『劇場版 機関車トーマス 魔法の線路』

実はワタクシ。トーマスってあまり詳しくないんですよ。TVシリーズもマトモに観た事ありません。
で、この作品がはじめてしっかり観た作品と言っても過言ではないんですが。人間が本物の人間なのにはちょいとびっくり。
TVシリーズでもそうなんですか?? ちょっと本物人間と機関車の共演には無理があるような気が…

で内容としましては、僕としては割と楽しめました。普通の映画として。
ただ、子供向けとして考えるとちょっと難しいストーリー展開な感じがしましたね。
ただまぁ我が子にしてみればゴードンや本物の機関車が出てくるだけで大喜びなのでそれはそれで良いのでしょう。
TVシリーズと同じ声優を起用したところもナイスですね。トーマスやナレーター等、詳しくない人でも知っていそうな声が違っていたら、子供であっても『ヘコー 腰砕けー』となってしまうのではないでしょうかw


ちょっと気になったところとしては
『なんかこの台詞思いっきり直訳臭いなぁ』と思われる部分が何箇所かあったところでしょうか。
1番引っかかったのはトーマス等機関車達が役に立つ機関車と言うところでしょうか。
作品中で結構な回数発音されるのですが、TVシリーズでもそうなのでしょうか??
この『役に立つ』っていうのはなんかあんまり良い表現ではないなぁと感じました。『立派な機関車』『1人前の機関車』等と表現した方が良さそうかなと。
もう1つ気にかかった点として機関車たちの上司(?)であるミスター・コンダクターと、その甥っ子だかなんだかのジュニア。
この2人は『魔法の粉』というなんとも怪しげな現実世界ではひょっとして違法性の高い(つーか違法かw)アノ粉ですか?? とかまぁそれはおいといて。
その粉がないとぶっちゃけその粉無しでは何も出来ない奴らに成り下がってしまうところでしょうか。
オレたちゃ例の粉がなくたってヤレるゼ!!
的な展開が子供達を勇気付ける云々。

それぢゃあまるでガッツが無くなって全然使い物にならなくなったわかしま(ry

いやしかしまぁ
我が家では親子共々楽しんで鑑賞しております。


劇場版 きかんしゃトーマス 魔法の線路
ポニーキャニオン (2001/04/25)
売り上げランキング: 2,994
おすすめ度の平均: 3.7
4 哀れ・・・
5 トーマス好きには外せない一本(^^)
4 ソドー島は今日も賑やかです


スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/155-73194b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア