FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

アンフォゲタブル
アンフォゲタブル
原題:UNFORGETTABLE
監督:ジョン・ダール
製作:ディノ・デ・ラウレンティス , マーサ・デ・ラウレンティス
脚本:ビル・ゲディ
音楽:クリストファー・ヤング
出演:レイ・リオッタ , リンダ・フィオレンティーノ , ピーター・コヨーテ , クリストファー・マクドナルド , デヴィッド・ペイマー
収録時間:117分
発売元:アスミック
-----
殺された妻の脳髄液を移植し、記憶の追体験をしながら犯人を捜す検死官の姿を描いた異色サイコサスペンス。レイ・リオッタ、リンダ・フィオレンティーノ、ピーター・コヨーテほか出演。
-----


さて
昨日、会社を休んで風邪引いた身体に鞭打って鑑賞した2作品めはコチラ!!
『アンフォゲタブル』


いやこれね。
全然期待してなかったんですよ。ほんとに全く。紹介文に『サイコサスペンス』って書いてあったって言うだけの理由で鑑賞。

 面白かったよ。普通に

いやほんと。以外でした。思わぬ収穫。
とある科学者の開発した誘発剤と誰かの脳髄液を自分に注入してきっかけさえあれば脳髄液の持ち主の記憶を追体験できるっていう設定。その設定自体は正直SFです
面白い設定ではあると思うんですけど、人体での実験はしたことがなくて副作用が非常に危険で命の保証は出来ないとか言いながら、主人公は注射しまくり。キメまくり。
ちょいとご都合主義だなぁって感じは否めませんな。
脳髄液の持ち主が美術学校の生徒だったから記憶の中の犯人の似顔絵描くのが超上手いってのも、うーんどうなの??
まぁいーけどねw

んで
妻殺しの真犯人を探るって話です。
割と早い段階で犯人が見つかります。でもってそいつを逮捕するのに何かと苦労する、みたいな展開かと思いきや。
違った。もっと裏があった。

で。
うわーこいつが犯人だったか!! と思ってドキドキしながら観てたら、違った。
更に裏があった。

裏の裏。すなわち表!! ぢゃないですもちろんww

まぁそんなわけで。意外と楽しませてもらいました。
派手なアクションがあったり、物凄く盛り上がりがあったりとかこれと言って目立つところはないのですが静かにドキドキして鑑賞することが出来ました。

何気にお勧めです^^


アンフォゲタブル
アンフォゲタブル
posted with amazlet on 06.01.13
角川エンタテインメント (2006/01/27)

スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/210-542de358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア