FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

レイクサイド・フィーバー
レイクサイドフィーバー

原題:Memorial Day
製作:リチャード・ビルブロ , マリッサ・メシエ
脚本:マルコス・ガブリエル
収録時間:80分
発売元:トランスワールドアソシエイツ
音声仕様:英:ドルビーステレオ、日:ドルビーステレオ
特典:オリジナル予告編
-----
突然、目の前にいた仲間が何者かによって次々と抹殺されていく恐怖を描くパニックホラー。弟の事故死のショックから立ち直るため、事故現場の湖に友人とやって来たレイチェルに、来るはずだった仲間のふたりが殺されたという一報が入る。
-----


1.50倍速で一気に観ました
『レイクサイド・フィーバー』


アマゾンで売ってないのねこれ。
救い様のない作品ですな。

サスペンスというかミステリーというか
そんな感じに仕上げてあるんですが
如何せん、仕上がってない
なんか
感想だの突っ込みだのを入れるのすら億劫だ。
ある意味、ぐうの音も出ないって奴ですか??
えぇ、もちろん悪い意味で

まず画質が悪いよなぁ
それだけで内容観てなくても
とりあえず萎えるよね。

B級作品だから仕方ないけど
役者がなんつーか薄い。
顔が覚えられません。
顔と名前が一致しません。
『べス(そんな奴いなかったかも)が殺されたわっ!!』
とか言われてもですね、誰だっけ?? そいつ
てなもんです。
そうなると、当然感情移入が出来ませんのでこれまた萎えます。
ボクは単純なので普通ならこの手の映画とか観てると
イヤーッ!! 止めて!! 彼を殺さないであげてええええぇぇっ!!
とか思って簡単にハラハラドキドキさせられてしまうんですが
この作品の場合、誰かが殺されても
『ぇ? ふーん、そうなんだ?? まぁ別にいいんぢゃね?? そいつ誰だか解んねぇしw』
と、漫画片手に思ってしまうのです。


最後のオチも特に捻りもなく普通に事件解決で終了です。
一応言っておくと

 ・主人公の弟は事故じゃなくて主人公が意図的に湖に落とした。
 ・犯人は主人公の弟の生き別れた兄。
 ・犯人の犯行は実は最初から主人公にバレバレだった。

まぁサクッとネタバレですが
どうせ観ないだろうからいいよね??
つーか安心してくれ
結末が解っていようといなくとも
つまらなさは変わらないよ。保証します。


ただ
唯一評価できるのは
殺害の方法とその描写ですかね。
評価と言ってもボクは観てるこっちがアイタタタタってなってしまって
かなり嫌な感じだったんですが
まぁ一応ホラーでもあるんでそこは評価するところでしょう。

すんげぇ痛かったのは
足を縛って森の中を這わせるんですが
地面に剃刀が仕込んであるんですよ
腕とか腹とか切れまくりです。
超痛い。

そんな訳でこの映画の感想を一言で言うと…

早田くんのカミソリシュートってすげぇ切れ味ダゼ
スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/313-d5f4ffe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア