FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ジェリー
gerry


原題:GERRY
監督:ガス・ヴァン・サント
製作:ダニー・ウルフ
脚本:マット・デイモン , ケイシー・アフレック , ガス・ヴァン・サント
出演:マット・デイモン , ケイシー・アフレック
収録時間:103分
発売元 : アーティストフィルム
-----
『エレファント』のガス・ヴァン・サント監督による異色スリラー。
ドライブ途中のふたりの男が砂漠に迷い込み、3日3晩彷徨った末にひとりだけが生還した実話を映画化。
マット・デイモンとケイシー・アフレックが、極限状態に陥る男たちを好演している。
-----

『しまった!! ジェリった』
と言うことで今回ご紹介する映画はコチラ!!
『ジェリー』

ご紹介と言ってもぶっちゃけた話あまり紹介したくありません!!
って感じなんですよ。

この作品の監督『ガス・ヴァン・サント』つー人はそのスジでは有名な人らしいです。
で、この作品についてなんですけどね。正直言うべきことが無いんですよ。
コアなファンがいるのか実は高い評価を受けているんだか知りませんが、なんつーかね。感想文も投げやりになるほどですね。

まず
2人の男がドライブするシーンが冒頭に6分ほど(台詞無し)
2人の男が砂漠を歩く横顔のシーンが5分ほど(台詞無し)
2人の男が砂漠に座り込んでいるシーンが3分ほど(ハイ台詞無し)
砂漠の風景が4分ほど(人が映ってないから当然台詞無し)
空が6分ほど(空だから・・・)


初めのドライブ以降は繰り返しです。
映画を速送りしたのって初めてかもしれません。
『この作品はすばらしい!!』と言う人も結構いるんですが、あぁそうですか。って感じですね
アマゾンのレビューとか読んでると痛々しいです。
-----
映画の中の大げさな演出やBGMをなんとなく軽蔑していたが、それらは見る人を楽しませるための作り手のサービスで、そんな映画を作る人たちはとても親切でサービス精神があふれているいい人たちなんだと思った。
これからは、素直にいろんな映画を楽しもうと思う。
-----
とか

-----
二人の青年の姿がフレームインしていなければ
「ナショナルジオグラフィー」かと思うような美しい自然風景の連続。
最初退屈に思えたのは事実だが、見ているうちにこの世界に入り込んでいた。
この映画には見ている側に考える余裕と暇をたっぷりと与えてくれる。
精神世界、自己分析、哲学・・なんでもいい。
とにかく何か思考せずにはいられない映像と時間なのだ。
ただかなり実験的な映画だと思うので、普通の映画と同じような感覚で見ると「???」と思うだろう。
-----
だったらナショジオで良いと思うし、考える余裕と暇をたっぷり与えてくれるのはつまらなくて退屈だからかと・・・
実験的・・・ モノは言い様だな。

なんつーかもっと素直になれよ、と言いたいですね。
お前ほんとにそんなこと思ってるんですか?? と。すげー無理してるような気がしてならないんですがね・・・
誉めるレビューが多いのがまたなんとも・・・

『この作品の良さがわからないなんて・・・』とか思われるかもしれませんが、それで良いです。そう思われてもなんともw
この作品に良さがあるならばですが、僕には一生解らないでしょうね。解ろうともしませんけど。
他に良いものはいくらでもあるのでこれぢゃなくていいッス
日常で自分を見つめることとか、深く考えることとかたっぷりあるんで、わざわざ映画観てる時までそんな時間いりません。

『この作品を選んだ時点で俺は既にジェリっていたんだ』
スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/5-23fc03a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア