FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最後の晩餐
最後の晩餐

監督:福谷修
脚本:福谷修
原作:大石圭
出演:加藤雅也 , 匠ひびき , 三輪ひとみ , 原史奈
収録時間:92分
発売元:アムモ
-----
人気ホラー小説家・大石圭の原作を加藤雅也主演で映画化。
整形外科医・優児は手術で手に入れた女性の脂肪を食べたことをきっかけに、
人肉を食べることに快感を覚える。彼は肉を手に入れるために殺人を繰り返すが…。R-15作品。
-----

『神の手って・・・ ま~ず~い~』


と、言う事で今回鑑賞の作品はコチラ!!
『最後の晩餐』

これは先週の土曜日に7時半起きで観ました。
別にこれを観る為に起きた訳では決してありません。早く起きちゃったからなんか映画でも観るか。
とテキトウにPCのドライブに入れたディスクから再生されたのがこれだったのです。
でもって、また例のごとく何の予備知識もないままに再生開始。

お、日本人だ。つーことは邦画ですかそうですか。邦画は久しぶりなので楽しみです。

冒頭で男の人(主人公)が女性に対してオイルマッサージのような事をしています。
んがしかし
服を脱がせないのが気になって集中できません。
イヤイヤイヤイヤイヤ
別にエロい意味で言ってるわけぢゃないですって!! いやほんとまぢで多分・・・
なんつーかオイルのような物が服につきまくりな訳で、服がベタベタになってしまうのでは・・・
と、気がかりなわけです。

 男『キミを食べたい・・・』
 女『ワタシを食べて・・・』

うへー、くせー。
棚からなんか細長い物を持ってくる主人公。振り返るなりなにやらその細長い物のカバーのような物を取ります。

アレ?? 何ソレ鉈??
鉈というか刀というか・・・ それを持って大きく振りかぶる主人公。
ずばーん、と激しく女性の首が吹っ飛びます。
なんだこの映画・・・

女性を一生懸命解体し、女性の生首を目の前に美味しそうに料理を食べる主人公。
ゲーッ!! 食人モノかよー!! つーか『キミを食べたい』とか言ってほんとに食べちゃうのかよっ!!
と、これから3日間も『お肉屋さん』で働くのにこんな映画観たくねーって感じで開始5分で
既に萎え萎えゲンナリって感じですが今更止めるわけにもいきません(なんで??)。

さて、問題の『食人』なんですが
主人公はカリスマ整形ドクターで神の手(ゴッドハンド)とか呼ばれてます
でもって料理の腕前も超一流。
食人つーことでグロいかと思っていたんですけど、なにやらフランス料理だかイタリヤ料理だか知りませんが人肉をやたらとゴージャス且つ美味しそうに調理してしまいます。

起きた直後に観ていたもんですから、人肉料理を観ながらとてもお腹が減ってしまいました。
なので僕も昨夜の残りのピザやらフライドチキンやらをガツガツ食べました。

そんなこんなでストーリーは進みまして、美女達を美味しそうに調理してムシャムシャと食べまくります。
ハムやソーセージ、ベーコンなんかにもしちゃいます。
更に、『特別なルートから分けて貰っているから肉の詳細は教えられないんだけど』と言いつつ
多くの人に料理を提供する主人公。

食べた人の感想も

 『んっま~い。ほんとに美味しいわ!! これってなんのお肉なのかしら・・・』

とまるで美味しんぼバリの恍惚とした表情を浮かべます。

物語後半では刑事役で松方弘樹さんも登場
この人の役がハマリすぎで笑えました。

食人ものと言ってもただグロいだけではない、むしろグロは少なく
出てくる料理が本格的で美味しそうなので、割と楽しめました。
普通に火サス系ホラーサスペンスとして楽しめると思います。

でもまぁ、焼肉を食べに行く前とかこれからハンバーグ作るんだって人とか
この後3日間ぶっ続けで生肉こねくり回す仕事なんです。って人はできれば避けた方が良いかもです。
最後の晩餐
最後の晩餐
posted with amazlet at 05.09.20
ビデオメーカー (2005/04/29)
売り上げランキング: 15,345
おすすめ度の平均: 3
4 異色作
2 中途半端


スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/53-b1828fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア