FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

恋恋風歌 - つじあやの
恋恋風歌 (CCCD)
ビクターエンタテインメント
つじあやの(アーティスト)Tore Johansson(Adapter)根岸孝旨(Adapter)
発売日:2003-05-21
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:41289
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 爽快であり痛快でありノリノリでありムーディであり・・・
おすすめ度5 「桜の木の下で」が最高です!
おすすめ度4 春の鴨川で聴きたい
おすすめ度5 幸せの歌
おすすめ度5 つじあやのさんのCDはこれが初めて
Disc.1
1 桜の木の下で
2 ありきたりなロマンス
3 明日によろしく
4 月が泣いてる
5 雨音
6 帰り道
7 ぎゅっと抱きしめて
8 春の陽ざし
9 風になる
10 星に願いを
11 さよならを教えて



最近コレを聴いてます。
映画『猫の恩返し』が滅法好きで,前からつじあやのさんを聴いてみたかったのだ。

やっぱアレだ

 9. 風になる

コレだよな。
風邪になるではないから注意。
そんな欠勤理由みたいな曲名は嫌スギル。

因みにこの曲
ボクにとってはちほたそなんですね。
映画以外で初めてちゃんと聴いたのがカラオケでちほたそが歌ってるやつだったのだ。

それもこぢまの要望で歌ってくれたんだった。
こぢまが

 はなちゃんのアレ歌って! はなちゃんのアレッ!!

とか言い出したんだけど。
はなちゃんて誰だよwwww
って話でこの曲に辿り着くのにだいぶ時間がかかった気がする。
ボクもボクで当時は映画観てなかったから超テキトウで

 あぁはなちゃんのってアレだろ?? 耳をすませばのアレだろ??

とか言って益々捜査を撹乱した記憶が。

そんな訳で
ボクの中では完全につじあやの=ちほたそが刷込まれているのでありました。


んで
他の曲もしっかり聴いたんだけど,良いです。
ちほたそ良い感じです。

多分だけど歌詞が全部日本語かもしれない。
やっぱ日本人ですから母国語である日本語ってのは耳障りがいいです。
それをなんつーかサラサラした感じで軽快に歌ってくれるので,居心地が大変よろしい。
とっても好きになりました。

ここは1つ
ちほたその他のアルバムも是非聴いてみようと思います。


そう言えば新型iPodが発表されたわけだけど
うーん,今回はマイナーチェンジだなぁ…
シャッフルの小ささはかなりインパクトがあるとは思うけど,その他は全然興味をそそられない…

って!!
なんですとーっ!!

 曲間を空けずに再生できる「ギャップレス再生」機能搭載。

まぢかよwwwww
欲しいかもwwwwww

つーかボクはiTuneseのクロスフェード再生だっけ?? が滅法好きなのでアレを搭載してやってもらえませんかね。



その新型シャッフルについてある人のコメント

 落としたら見つからないな
 迷彩柄の財布なみにみつからないな。


いやいや
それは見つかるからwwww
でもなんかクリップになってるわけなんですけど,お母さんとかに間違って捨てられちゃいそうですな。
あるいはクリップとして冷蔵庫に授業参観のお知らせとかを貼り付けるのに使われてそうwwww
スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント

父親に「つじあやのに似てるね」と
言われたことがある。。
自分の親父に言われたから、やっぱ似てるんだろうか?

でも他に「天海祐希に似てるね」とも。
あのー、似てないんですけどーー。笑

信用ならない親父である。。
【2006/09/13 23:00】 URL | テリー #- [ 編集]

うん似てる
このアルバムには本人はほとんど写ってないし
ボクは本人をマトモに見たこと無いんだけど
似てると思う。

雰囲気とかが特に似ていると思う。

天海さんはどうだろうなぁ…
【2006/09/15 11:00】 URL | きょたか #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/549-c37e658e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア