FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

オープン・ウォーター
オープン・ウォーター
原題:OPEN WATER
監督:クリス・ケンティス
脚本:クリス・ケンティス
製作:エステル・ラウ , ローラ・ラウ
音楽:グレーム・レヴェル
出演:エステル・ラウ,ブランチャード・ライアン,ダニエル・トラヴィス,ソウル・スタイン,マイケル・E・ウィリアムソン
収録時間:79分
音声仕様:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーステレオ
特典:予告編集
-----
サンダンス映画祭で話題を呼んだ、実話を元に製作されたパニックサスペンス。休暇を利用してカリブ海でダイビングを楽しむ夫婦、スーザンとダニエル。しかし、トラブルからふたりは海面に取り残されてしまう。そんなふたりに静かに訪れる恐怖を描く。
-----


無作為に選んで観賞
『オープン・ウォーター』


これは本当にヒドイ。
救いようがない。

以上


とかダメですか??
あぁやっぱりダメですかそうですかそうですか。

いやこれほんとにひどいです。
ダイビングに参加した夫婦が置いてけぼりにされて海に取り残されちゃうって言う,実話を元にしたドキュメンタリーというかノンフィクションなんだそうですが

ちょっと待て

遭難した2人とも死んぢゃってるぢゃん
まぁ思いっきりネタバレで申し訳ないと思うけどぶっちゃけあんまり思ってません
普通遭難モノって生存者の体験談が元になると思うんだけど。
一体誰の体験談なんだwww

『サンダンス映画祭で話題を呼んだ』とか紹介されてますが
まぁサンダンス映画祭なんて始めて聞いたしどの程度の祭りなんだか全然知らないし興味もないけれど
こんなもんが話題になるくらいなんだからきっとそれなりなんだろうな

うん
ダメだね
もうほんと褒めどころがひとつも見つかりませんよどうしよう。

遭難中に何度か船を見つけるんだけど男が何かと理由をつけて
船に向かって泳がないってのが謎スギル。
最初に置いてけぼり食ったことに気が付いた時も
2隻の船が割と近くにいたのに

 『移動するのは危険だ。救助隊が見つけにくくなる』

とかわけの解らん理由でぼけーっと浮いてるだけ。
まぁ
これは生存者がいないわけだからこの辺はフィクションなんだろうけど。
どうも生きる意思が感じられないですな。

最後に
水揚げされた巨大鮫(それほどでもないんだけど)の胃袋から
夫婦が持ってたカメラが出てくるってのはまぁちょっと面白いと言えば面白かった。

まぁ
なんとか強引に褒めてみたよ。


つーことで
今朝は牡蠣フライを食べて舌を火傷しましたコンチクショー
それにしても牡蠣は美味しいなぁ。
実家の仙台から届いた牡蠣です。
岩牡蠣はまだってことで剥き身だったのが残念ですがそれでも十分美味い。
ボクは三陸の大粒な牡蠣が好きです。
とか言いながら広島の牡蠣だって好きです。
だってどっちも牡蠣ぢゃん
牡蠣の味がすればどっちでもいいぢゃん。

先日
雄彦夫妻とモリケソと呑んだ時に

 生牡蠣丼はあり得るか??

と言う話題で大変に盛り上がった(5分くらい)訳なんだけど
ボクはイケます。
十分イケます。
牡蠣だもの。しつこいですかそうですか。

まぁ
普通にポン酢丼になるよな。


オープン・ウォーター
ポニーキャニオン (2005/11/16)
売り上げランキング: 2,641
おすすめ度の平均: 3
4 人に迷惑をかけるのは、いつもわがままな人間だなあ、と。
4 パニック映画ではありません。
3 意外と普通に楽しめる。
スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/611-4e55730b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア