FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ラッシュライフ - 伊坂幸太郎
ラッシュライフ


takepicoから何冊か本を借りました。
その中の1冊,第2弾。

『ラッシュライフ』,著者は伊坂幸太郎さん。


内容(「BOOK」データベースより)
泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。




面白かった。
ひっじょーに面白かったようん。
ボクの実家(生家ではない)である仙台が舞台であるところもボクの興味をそそる。

4つの物語が同時に進行。
それを最終的に締めくくるもうひとつ別の物語。
一見なんの繋がりもないと思われるバラバラのそれらが
実は意外なところで絡み合いひとつ処に流れていく。
まさにボクが最も好む構成

個性的なキャラクター達が個性的な境遇の中で様々な出来事を体験する。
登場するなんでもないような挿話の全てに実は意味があったりしてとても面白い。
ひとつの物語を読んでいるだけでは理解できなかった出来事が
他の人物の物語の後半部分で説明が付いたりする。

うはー
あの時のアレってコイツだったのかよwwww
みたいな驚きと繋がった時の爽快感に富む。
コンボが決まったときみたいな。
こぢまがゲームのジョジョでカーンを使って無限コンボを決めてくる感じとは違うので注意が必要ではあるが。

そんな訳で
ボクは読み進めながら何度も行きつ戻りつしてしまった。
こんなにも練り込まれて完成度の高い構成は見事としか言いようがない。
キャラクターの作りこみも秀逸だ。
巻末の解説で知ったのだが
著者のその他の作品とも微妙に関わるようだ。
ボクはそう言うのに目がないんですよ。

しかし
不満がないわけでもない。
見事な構成ではあるのだが,ストーリー自体はやや単調な感がある。
もっと波があっても良かったかなーと思う。
それから
ボクはしびれる台詞っていうか名言みたいなものを求める傾向がある。
登場人物のたった1行の台詞に何時間も立ち止まってしまうような。
それがこの作品にはなかったように思える。
つまり
読了後の爽快感や『らやれた!!』感は多分にある。
ボクなどは読了後に本を閉じた時に感嘆的なため息を漏らしたほどだ。
しかしどうだろう
何かが残るといった感想は持てなかった。
物語としての深みには欠けると言わざるを得ないかな。

まぁ
それにしたって面白いよこれは。
読み終えた後にムカついたんだよボクは。
これが自分で買った本ではなかったってことがね。
借りた本が面白いとムカつくつーか腹立つよね。
だってその本は自分の本棚に並ばないんだもの。
借りて読んだ本を自分用に買うってのもなんだかなぁって感じだしさ。
つーことでもうこれはいっそのこと借りパクですか!!

後,読了後のもうひとつの感想として

 あー,自分の息子なんかの世代にはこれが古典とか言われるんだろうか


とか思った。
古典とか言うと言い過ぎなんだけどさ
昔の本とかって扱われるんだろうなぁ
20年後とか30年後とかには。

それがね
なんだかすげぇ嬉しいつーか
羨ましいって言うと変だけど
なんか良いなって。

映画も好きだけどブンガクも好きだ。
小説も好きだけどマンガも好きだ。
比べるもんぢゃあないんだよね。
全部別もんだから。
この作品きっと映像化してもつまらんと思うし。
これは活字故だよ。

つーコトデ
これオススメ


ラッシュライフ
ラッシュライフ
posted with amazlet on 06.11.22
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 1623
おすすめ度の平均: 4.5
5 小説の醍醐味
5 楽しめる
3 微妙

スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/631-10d235a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア