FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

豚の報い
豚の報い

監督:崔洋一
出演:小澤征悦 , 早坂好恵 , あめくみちこ , 上田真弓 , 岸部一徳 , 吉田妙子 , 平良進 , 大平睦男
収録時間:118分
発売元:タキコーポレーション
音声仕様:日ドルビーデジタルステレオ
-----
芥川賞を受賞した又吉栄喜の同名小説を、同じ沖縄を舞台にした「共よ、静かに瞑れ」「Aサインデイズ」の崔洋一監督が映画化。神の島“真樹島”の豚小屋で生まれた正吉は、19才の大学生。心に癒せない傷を持つスナックのネーネー(お姉さん)たち、ミヨ、暢子、和歌子。ある日突然、豚に襲われマブイ(魂)を落として(気を失った状態になって)しまった和歌子のため、正吉は、真樹島へ行こうとネーネーたちに持ちかける。そこで和歌子のマブイ込めをしようというのだ。が、正吉にはもうひとつ別の目的があった……。
-----

映画を観始める限界時間は24時まで(2時間ものなら観終って2時だから)と決めていたにも関わらず1時から観始めてしまった作品はコチラ!!
『豚の報い』

これも『なんでこんなの持ってんのオレ』というタイトルなんですが。面白かったです。
B級な雰囲気なんで、派手さとかそーゆーのは全くないんですけど何故か観終わって『あーこれ何気に面白かったな』と率直に感じる事ができました。

なんとなく暗い雰囲気のストーリーなんですが、登場人物たちがそれを悲観的に捉えていないと言うか、とても前向きに楽しく生きているといった感じで観ている側にもそれが伝わってくるので、心温まるというか楽しい気持ちにさせてくれます。

また、沖縄の方言での会話が聞いていてとても愉快です。沖縄の言葉には人を和ませる力があると強く感じました。
苦しい日々の暮らしも、過去の消せない傷も、どんな逆境にあっても沖縄の方言の会話を聞いていると
『あー、そんなのたいした事ないんだな。きっとなんとかなるさ』
と思わされてしまいます。

また豚肉や泡盛が好きな僕にとっては、所々に出てくる沖縄の食事や泡盛にも惹かれました。
沖縄行きたいなーって思いました。

女の娘の1人に
『あれ?この娘早坂好恵に似てるなー』
って思った娘がいたんですが、エンドロールで確認したらやっぱり本人でした。
ふーむやっぱり早坂好恵はかわいいなーと思いました。

すっごく面白い!!
というわけではないですけれども、なんとなくホッとできる良い作品でした。
何気にオススメの1本といえますw

豚の報い
豚の報い
posted with amazlet on 05.10.19
ビデオメーカー (2000/02/25)
売り上げランキング: 34,781
おすすめ度の平均: 5
5 くてぇらん(めげない)ねぇーねぇーと沖縄の島がいい!


スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/90-0387566c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア