FC2ブログ
Epigonens
送信済みフォルダは見ない
プロフィール

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブラッド・リッパー
ブラッドリッパー

原題:Blood Reaper
監督:ローリー・マイケル・リンゲット
製作:マイケル・J・スチュアート
脚本:ダグラス・ヘンズリー
出演:ブリンク・スティーヴンス,キャメロン・マクハーグ,ボビー・マッキー,シャーリーン・アモイア,ローリー・マイケル・リンゲット
収録時間:81分
発売元:トランスワールドアソシエイツ
-----
満月の夜、不穏な噂の絶えない“呪いの森”にキャンプをしに来た5人の若者は、「閏年の満月に殺人鬼が現われる」という伝説に脅えて帰った友人を馬鹿にしていた。だが翌日の朝に仲間のひとりが消えたことに気づいた彼らは想像を絶する恐怖に襲われる。
-----


今回鑑賞いたしました作品はコチラ!!
『ブラッド・リッパー』

はい、Amazonで売ってませんでした。
もうほんとやばい。どうしようもないですコレ。
開始2分で寝そうになりました。

突っ込みどころが満載すぎます。なんなんでしょうかね。もうほんと。
とにかくもう全体的に『この映画は100%駄作ですよ~』っていう雰囲気を漂わせています。

20051026160652.jpg



まさかあんたがヒロインですか??
エーッ!! いくらなんでもそりゃねえだろ!!

20051026161238.jpg



アメリカではテントでも土足なんですか??
つーか、アメリカに限らずテントってのは土足が普通なんでしょうか??
内容がつまらない過ぎるのでどうしてもこんな風に細かいところに目が行ってしまいます。

森でキャンプをする若者達(ほんとに若いのかこいつら)
で、殺人鬼が現れて殺しまくる。なんか13日の金曜日みたいですね。
殺人鬼は当たり前だろ?? と言わんばかりにしょぼいです。なんか弱いし。
しかし、走って逃げる相手に対してゆっくり歩いている殺人鬼が余裕で追いつく。
だいぶ遠くまで逃げて後ろを振り返ると何故か後ろに回りこんでる。お約束ですね。
しかしまぁそれってジェイソンみたいに、人外の者だからこそ許せるんですが、コレの殺人鬼は明らかに常人。普通の人。

これもお約束で殺人鬼はマスク被ってます。なんかガスマスクみたいなやつですが…
最後に殺人鬼のマスクが剥がれて
『オマエが殺人鬼の正体だったのかーっ!!』
なんていう展開はむろん用意されていません。

殺人鬼が何者なのか解明もされなければ、何故殺し続けるのかの説明も一切なされません。

20051026162758.jpg



『熱っ!! 最悪だ』と言う台詞を最後に失踪
酷い事に、仲間のうちの1人なんて途中で何時の間にか消えます。
何処行ったんでしょうかね… 殺されるシーンもなかったように思いますがもしかすると寝過ごしたかも知れません。
まぁどっちでもいっか

20051026163404.jpg



ピンぼけ??
なんか背景の山小屋にピントがあってる気がするんですが。なんの嫌がらせですか。

主人公チームのメンバーも
どいつもこいつも全然パッとしません。全然華がない。
女性は3人いますが、2人は不細工かつ大分太めとなっております。走って逃げるシーンがあるんですがかなり滑稽です。
もう1人はまともですが、殺人鬼の最初の餌食となります。なんで…

更にその娘の彼氏は川のようなところで釣りをしているシーン
水の中から突如現れた殺人鬼に水の中に引きずりこまれて殺されます。ずっと水の中に潜んでいたんでしょうか…
しかも水がやたらと汚い。

最後まで生き延びるのは男性が1人なんですが、コイツがまた会話の中で普通に屁をこいたり、寝起きにおもむろに○ンコ掻いたりしやがります。
最後の方で殺人鬼に腹部をメッタ刺しにされて口から血を吐いたりするんですが、何故か生きてます。ゾンビ??

20051026164310.jpg



よわっ!!
ヤケクソになってナイフを殺人鬼に投げつけます。
ジェイソンクラスの怪物だと、普通は片手で払いのけられたりして
『まさか…ぜんぶ弾き飛ばした…片手だけで…』(ベジータ)
とかなったりならなかったりするんですが、そこはさすがこの作品。
ガッツリ命中します。ど真ん中ストライク。

更に…
20051026173637.jpg



なんかかわいそう…
ブーちゃんにも滅多打ち。まるでいじめられっこ

そして…
20051026173829.jpg



すごい動いてるけど…
貫いた杭がすげー曲がってます。
つーかブレ過ぎです。お腹側と背中側にくっつけてるのがバレバレ。もうちょっとなんとかすれ。

そんな感じでスッタモンダがありまして、いよいよ最終決戦…


20051026171131.jpg



ゴロン
ってオイ!!
恐怖の殺人鬼は、腹をメッタ刺しにされて血をダラダラ流してる瀕死の男にスコップの一撃で首が…とれちゃった!!

この後、普通なら謎の殺人鬼の正体を暴くためにマスクをとって顔を確認…
って!!
何もしないのかYO!!
首ゴロリンの後きっかり1分でエンドロール開始。

すげー後味すっきり


と、言う事で
究極の突っ込み満載スプラッターホラー『ブラッド・リッパー』
いかがだったでしょうか??

僕にとって『映画としては』過去最高の駄作でした。
そうです。映画『ブラッド・リッパー』は立派(リッパ)ではありませんでした。
しかし、開始直後に考え方を切り替えたので、ある意味とっても楽しめました。
誰がなんと言おうと絶対にオススメはできませんが、駄目っぷリを茶化して楽しみたい方は是非一度ご賞味くださいませ。
Amazonで売ってなかったで自分で探してください。
スポンサーサイト




TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://epigonens.blog20.fc2.com/tb.php/99-8cbafb6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア